個人サイトでGoogle adsenseをスクロール追従のフロート広告で使うことは危険!

ブログ・アフィリ

※本記事は作成日より一年以上が経過しています。最新の情報ではないので、ご注意ください。

読了の目安時間: 131

ほとんどの方が知っていることですが、Google adsenseではスクロール追従のフロート広告で利用することが禁止されています。

▼公式サイトの利用規約
https://support.google.com/adsense/answer/1346295?hl=ja&ref_topic=1271508

広告の不自然なアピール
Google広告を不必要または不自然にアピールすることは禁止されています。たとえば次のような表示が含まれます。

ユーザーの注目を広告に集める派手なアニメーション
広告を指し示す矢印や記号
許可されない配置方法の例
安全で快適なユーザー エクスペリエンスを提供するため、ユーザーがページをスクロールしたりページ間を移動したりする際に、広告が「固定」位置または「フローティング」位置で表示されるような配置方法は禁止されています。モバイルウェブには Google アンカー広告をご利用いただけますが、サイト運営者様がモバイル向けの配置方法を作成して使用することは許可されません。Google のサービスと異なり、ユーザー
エクスペリエンスを保護する機能が組み込まれていない可能性があるためです。

一部のサイトではスクロール追従のフロート広告を利用しているものがありますが、それはGoogleより許可を得ている法人サイトである可能性が高いです。数多くのユーザーを集めているサイトでは、Googleと特約を結んだりできるようですが、個人サイトのようにPV数が小さいところでは難しいかと思います。

また、adsenseではスクロール追従のフロート広告以外にも、色んな注意事項があります。下手をすると、アカウント停止などのリスクもありますので、きちんと規約を呼んで適切な形でウェブサイト上に置くことが求められます。

これからadsenseを始める人は注意しましょう!

最後に一言

固定の広告ほどウザいものはないですよね・・・。

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

個人サイトでGoogle adsenseをスクロール追従のフロート広告で使うことは危険!


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

本ブログ・WebMakeBlog KIYOTATSUを運営しているYoshiと申します。普段はWEB制作をやっています。趣味と勉強がてら、ブログ執筆・アフィリエイト運営をしています。気づけば日々のサーバー代くらいは余裕で支払えるくらいのお小遣いになっていました。