AGPtEKのオススメ自撮り棒をレビュー! 感想は「スマホを固定して自撮り・三脚・リモコンがすべてOK!」

企業オファー

読了の目安時間: 455

先日、楽天市場に出店されている海外ショップMAMBATEさんより、色んなスマホを固定して使える、AGPtEK製・自撮り棒(三脚つき)をご提供頂きましたので、レビューしたいと思います!

今回のご提供品!

中身一式がこちらです。

AGPtEK 自撮り棒

・自撮り棒
・三脚
・リモコン
・リモコン用の電池(予備)
・Gopro固定用器具 2点

AGPtEK 自撮り棒

持ってみると分かりますが、自撮り棒と三脚は、材質がアルミニウム合金なので、重さもちょうどよく、かなり丈夫そうです。先端は、伸縮・角度調整が自由自在で、自撮り棒の手元にはハンドストラップも付いているので、外で使う際も安心して使うことができます。

AGPtEKの自撮り棒をセッティング!

本自撮り棒では、まずアプリのインストールとリモコンの設定が必要となります。

まずはリモコンを準備!

リモコンは自撮り棒の固定パーツ部分から、カンタンに着脱可能なので、持ち運びの際も便利です。

AGPtEK 自撮り棒 リモコン

リモコンは電池式なので、充電の必要はありません。ボタン電池はCR2032で、一日10回使用した場合、半年ほどは持つようです。

AGPtEK 自撮り棒 リモコン 電池

リモコンに電池が入っていることを確認したら、次に、スマホ端末へリモコン操作用のアプリをインストールします。説明書にQRコードがあり、iOSは6.0以上、Androidは4.2.2以上だと使用可能です。

AGPtEK 自撮り棒

アプリをダウンロードした後、もしインストールができない時は、ロックとセキュリティ画面を確認してください。提供元不明のアプリのインストールを許可する設定にします。(このへんはちょっと心配になるので、改善して欲しいですね。)

AGPtEK 自撮り棒 説明書

無事にインストールができました。自撮り棒を使う際は、このBT Shutterを起動して、カメラ撮影をしていきます。

AGPtEK 自撮り棒 スマホセキュリティ

アプリがインストールできたら、次はリモコンのBluetooth設定をしていきます。電源を入れて、青いランプが点灯していることを確認します。

AGPtEK 自撮り棒 スマホ画面

通常のBluetooth機器と同じように設定していきます。

AGPtEK 自撮り棒 リモコン bluetooth

ペアリング完了した後は、BT Shutterアプリを起動して、リモコン操作の撮影ができるようになります。

AGPtEK 自撮り棒 アプリ画面

自分は、Andoroid端末で試したのですが、リモコン撮影ボタンの感度が少し悪いように感じました。瞬時に押すだけでは反応せず、1秒ほどしっかり押さないと撮影できない時がありました。まあ、拡大・縮小ボタンを先に押してみて、ボタンの感度を確かめておけばOKなので、そんなには気になりませんが・・・。

スマホを固定

スマホを固定するアジャスター部分はスライド式になっており、内部にバネ?が入っているようで、サイズ問わず、ほとんどのスマホを物理的にしっかり固定できます。幅の範囲は、約5.5~8.5cmまで、とのことです。

AGPtEK 自撮り棒 スマホ固定のサイズ調整

伸縮可能

伸縮部のギミックは、4段階になっていて、合計すると約60cmほど伸びます。1セパレートにつき、15cmほどの長さとなっていますので、15cm,30cm,45cm,60cmという感じで伸ばすことができます。三脚と合わせると、最長101cmほどまで伸びるようです。・・・すごい!

AGPtEK 自撮り棒 長さ調節

試しに自撮りしてみた

先端が自在に稼働するので、構図調整はしやすいです。余談ですが、この時、自撮りしながら、その様子を撮影しているので、けっこう難しかったです。

AGPtEK 自撮り棒 自撮り

自動り棒+三脚パーツで色んな使い方!

三脚を固定して撮影

三脚はパラレルに開き、土台として、けっこうしっかり支えてくれます。

AGPtEK 自撮り棒 三脚撮影

三脚を固定して遠くからリモコン撮影!

自撮り棒を最大限伸ばすと、ちょっとした三脚カメラとなって、たとえば集合写真などにも使えます。ただし、棒を長くするとモーメントが強くなってしまい、ちょっと土台がふらつくので、強風の場所ではオススメしません。本格的なアウトドアでなく、ちょっとした居酒屋での飲みや花見、バーベキューなど、ライトな集まりで集合写真を撮りたい時なんか、役立ってくれそうです。

AGPtEK 自撮り棒 三脚 集合写真撮影

三脚で長さを伸ばして自撮り!

最長101cm。かなり遠くなので、視力の悪い人は、スマホの画面がよく見えないかも・・・!

AGPtEK 自撮り棒 自撮り最大長さ

その他

スマホだけでなくGo proにも対応

AGPtEKの自撮り棒では、スマホの他、小型カメラのGoproや、小さなデジタルカメラなども固定可能です。詳しくは、説明書に記載されてます。

AGPtEK 自撮り棒 説明書

スマホの対応機種

i-OS端末とAndroid端末、固定するだけなら、どちらもほとんどのサイズをカバー可能です。

ただし、注意点として、リモコン撮影のアプリに対応しているかどうかだけは、きちんと確認しましょう。リモコン撮影できないと、長さのある自撮り棒だけに、せっかくの多機能性を活かせない場面が出てくるかも知れません。

▼対応OSバージョン
iOS:6.0以上
Android4.2.2以上

セール情報!

期間限定ですが、下記の割引をして頂けるようです!

Amazon:
自撮棒アマゾン10%OFFクーポン:BVVVAN9L
有効期限:12.05(火)-12.06(水)
12.08-12.11サイバーマンデーSale自撮棒限定セール:2360円(12月17日のみ限定)

Mambate楽天ショップ企画:
自撮棒特典限定:2999円*0.89%=2669円 -100円(クーポン) =2569円
+ポイント*5倍
2017年12月5日(火)19:00〜12月7日(木)01:59
https://item.rakuten.co.jp/mambate/pg0087-88-nw-ss/

・・・。

もらったメールをそのままコピペしているのですが、ちょっと日時がヘン? まあ、とりあえず商品ページをチェックしつつ、割引コード入力してみたりすると、ただ通常購入するより、オトクになるかもです!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

これから自撮り棒を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください!多機能で実用的。一本あっても損はしない、便利で役立つオススメな製品です!

商品ページはこちら

最後に一言

ご依頼、ありがとうございました!

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

AGPtEKのオススメ自撮り棒をレビュー! 感想は「スマホを固定して自撮り・三脚・リモコンがすべてOK!」


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

本ブログ・WebMakeBlog KIYOTATSUを運営しているYoshiと申します。普段はWEB制作をやっています。製品を送って頂いたり、モニター体験などのレビュー記事作成、承っております。分野は何でも。詳しくは、お気軽にお問合せください。