アルバイトとパートタイムの違いって、何?

ビジネス

※本記事は作成日より一年以上が経過しています。最新の情報ではないので、ご注意ください。

読了の目安時間: 052

part-1

仕事で就業規則を作成していた時、ふと思いました。アルバイト・パートタイマーの違いって、何?

調べてみたところ、結論としては「法律で違いをとくに定められていない、ただの名称の違い」ということでした。

一般的には、パートは主婦に使うイメージで、アルバイトはそれ以外の学生や本業が別にある人に使う感じです。

・・・ということは。

募集広告を打つ時、意図的にパート募集と強調すれば主婦さんが多く集まり、アルバイト募集と強調すれば若い人が集まってくるのかもしれません。

さらに思ったことは、アルバイトもパートもただの言葉なのであれば、全く異なる用語を作り出して募集をかけてもOKってことです。たとえばエクゼクティブハイパースタッフとか、ふざけた名前をつけても、就業規則やら契約書で、その名前に準じた労働条件を指定すれば、法的にもOKなハズ・・・。

・・・まあ、そんなとこ、絶対行きませんがね。

言いたいことは、好きに名前をつけられるのだから、ちょっと経営者の方は色々と試してみても面白いのでは。と思いました。

最後に一言

アルバイト・パートタイムのほうが社員よりベテランのところって多い気がします。

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

アルバイトとパートタイムの違いって、何?


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

WEB制作をやっているYoshiと申します。PVは月間10万程度。効率良い仕事が大好きです。ショートカット・マクロなどの業務短縮や、タスク・スケジュールのスムーズな進行管理などに気を遣っています。