chromeで「Uncaught ReferenceError」のエラーが出た時の対処法

web制作

読了の目安時間: 118

久しぶりにjsの復習でローカル作業しようと適当にファイル作ってたら、consoleログが表示されない現象に。

なんか思いっきり、なんかエラーが出ている・・・。

英文を読んでみると、jsファイルの1行目からエラーが出ている様子。

エラーの「ReferenceError: $ is not defined」でググってみると、すぐに対処法の記事が見つかる。どうやらjquery読込をすればOKとのこと。

しかし、そうなると疑問。jsなのに、どうしてjquery・・・?

これは少し考えて、すぐに納得。

自分が適当にひっぱってきたjsファイルの中身のfunctionの記述で、「$(function(){・・・}」というもの。

これはjqueryを利用していないと、$関数が定義されていない状態となってしまうので、1行目からエラーとなる。

なので、jsの記述方法にするか、jqueryファイルを読み込んでjqueryチックに作っていけばOKということです。

適当に環境作ると、こういうの起きるかもしれないので、気をつけてください。(自分が愚かなだけですが・・・。くう><)

▼参考記事
http://siganaitohoho.hatenablog.jp/entry/2014/07/02/000330

最後に一言

適当にやると、こうなってしまうので、しっかり準備しましょう。

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

chromeで「Uncaught ReferenceError」のエラーが出た時の対処法


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

WEB制作をやっているYoshiと申します。PVは月間10万程度。主に要件定義や構築が得意で、HTML/css/javascript/PHP/git/wordpress/MT/DB/photoshop/illustrator/fireworksなど扱えます。サーバー・アプリなども習得中。