昭和~平成の小銭硬貨「1円・5円・10円・50円・100円・500円」の希少価値を一覧表でまとめてみた

雑記・豆知識

読了の目安時間: 615

coin_collection_1

昭和~平成に流通した「1円・5円・10円・50円・100円・500円」は、それぞれの年代によって、市場に出回った数が異なり、価値が異なります。

ただ、サイトや店によって、表記されている金額は曖昧だったりして、よく分からないんですよね。

今回は、いくつかの情報をもとに、小銭の価値を年代別に一覧表にしてまとめてみましたので、小銭の価値を調べたい人はぜひ参考にしてみてください。

「1円・5円・10円・50円・100円・500円」の年代別・希少価値の一覧表

1円 5円 10円 50円 100円 500円
昭和18年 20
昭和19年 20
昭和20年 20
昭和21年~昭和29年 - - - - - -
昭和30年 20 80
昭和31年 70
昭和32年 22-1000 25-80 100
昭和33年 60-200 400
昭和34年 18 20-50 100
昭和35年 18 600-2000
昭和36年 200 120-200
昭和37年 60
昭和38年 60
昭和39年 60 130-1000
昭和40年 60
昭和41年 60
昭和42年 24
昭和42年~昭和59年 - - - - - -
昭和60年 65-600
昭和61年 18 65-600
昭和62年 3000-25000 1000-1500
昭和63年
昭和61年 3~ 17 550-800
平成元年~平成11年 - - - - - -
平成12年 5-70 25-100 90-400
平成13年 7-100 90 130-1000
平成14年 6-100 75 110-500
平成15年 75
平成16年 70
平成17年 20 70
平成18年 20 70
平成19年 20 70
平成20年 20 70
平成21年 50-500 100-110
平成22年 18 800-1000 1400-2400
平成23年 400 800 1400-2000
平成24年 400 800 1400-2000
平成25年 400 1400
平成26年~平成28年 - - - - - -

昭和・平成の硬貨で知っておきたい希少価値のポイント

完全未使用品の硬貨は年代関係なく、別格のレア度!

硬貨は保存状態によって、グレード評価基準が異なり、価値が変わってきます。

・完全未使用品(BU)
・未使用品(UNC)
・極美品(EF)
・美品(VF)
・並品(FINE)

硬貨の年代が古いと、美品の基準が甘くなったりもします。

ただ、とにもかくにも完全未使用品は、別格の価値です。たとえば、昭和27年の5円玉はとくに希少価値のないものですが、これが完全未使用品となると、1万円近くで売買できるようです。また、ギザ10は数十円~数百円程度の価値のものですが、完全未使用品になると、だいたい1000~5000円くらいに値上がりするそうです。

完全未使用品の硬貨は、年代問わず、とても価値あるものですので、もしも完全未使用品の硬貨を持っていたら、大切に保管を続けましょう。(決して開封しないように・・・。)

硬貨は磨いたら価値が下がる

硬貨を美品に見せるために綺麗に磨こうかな・・・という考えはNGです。硬貨は磨くと価値が下がります。骨董品・収集品として扱いたいのであれば、絶対に磨かないようにしましょう。

昭和62年の50円玉は昭和・平成硬貨の中で最も希少価値が高い!

昭和62年の50円玉は、昭和・平成硬貨の中で、最も希少価値が高いです。(生産枚数が圧倒的に少ないため。)

正直、他の年代の硬貨は美品でないと価値がつかないのですが、昭和62年の50円玉に限っては、並品でも数千円の価値がつきます。これが美品になると1~2万円もの価値がつきますし、もし、昭和62年の完全未使用品50円玉なんて持っていたら、けっこうな価格になります。

普段、硬貨に興味のない人でも、「昭和62年の50円玉は別格。価値があるから必ず持っておいた方が良い」、と覚えておくと良いでしょう。他の硬貨は、まあ調べても価格上限が知れてますので、あんまり気にしなくて良いかもしれません。

年々、硬貨の価値は下がっている?
硬貨のコレクターは年々減ってきているらしく、そのため、硬貨を買い取ってくれる人は減少傾向にあるようです。そのため、微妙な価値の硬貨というものは持っていても買ってくれる人がいないため、理論上では価値があっても、現実には価値がなかったりします。もし、ある程度の価格で売れるような機会・タイミングがあれば、思い切って売ってしまうことも大事です。(売れない在庫を抱えてもしょうがない。)まあ、コレクションという趣旨でしたら、利益は気にする必要ありませんが・・・。

硬貨の保存方法

硬貨の保存方法は下記記事にまとめていますので、参考にしてみてください。
http://kiyotatsu.com/coin-save/ ‎

まとめ

硬貨は「完全未使用品」なら、必ず持っておく。そんで、普段は50円玉だけ年代見てみて、もしも昭和62年モノだったから、必ず保管しておくと覚えておけばOKかと思います。

最後に一言

ギザ10見つけた時の嬉しさはプライスレス。

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

昭和~平成の小銭硬貨「1円・5円・10円・50円・100円・500円」の希少価値を一覧表でまとめてみた


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

本ブログ・WebMakeBlog KIYOTATSUを運営しているYoshiと申します。普段はWEB制作をやっています。面白いネタを求めて、インターネットをよく泳いでいます。テレビのバラエティも凄く好きです。ただし、渋谷のハイタッチ騒ぎなど、人様に迷惑かける系統のネタは好みません。