cookies(クッキー)の生データの保存場所 - Google chromeの場合

web制作

※本記事は作成日より一年以上が経過しています。最新の情報ではないので、ご注意ください。

読了の目安時間: 131

サイト運営者はブラウザのcookies機能を使うことで、ユーザーの情報を一時的に保存・利用することができます。クッキーデータは、ブラウザの設定から管理して削除できますが、実際の生データはどこにあるのだろうと気になり、調べてみました。

cookies(クッキー)の生データの保存場所 - Google chromeの場合

windows10のPCなのですが、下記のディレクトリに保存してありました。
「C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Cookies」

cookies1

Cookiesのファイルはバイナリファイルになっています。(ブラウザ・バージョンなどによっては、テキストファイルになっているようです。)解読は難しいと思いますが、いちおう個人情報なのでボカシ。
cookies2

本ファイルをデスクトップに移動させてブラウザを起動させたところ、保存してあったパスワードなどがすべてリセットされていました。また、ディレクトリにはすぐさま「Coookies」ファイルが生成されました。いったん、ブラウザを閉じて、Cookiesを元に戻したら、無事にブラウザに一時保存された情報も元に戻りました。確認方法が原始的ですが、これがCookiesの生データの認識で大丈夫そうです。

ブラウザから削除する場合

ブラウザから削除する場合は、「設定>プライバシー>コンテンツの設定」を選択します。
cookies3

コンテンツの設定で、すべてのCookieとサイトデータのボタンをクリックします。
cookies4

自分のブラウザに保存されたCookiesの履歴が見れます。
cookies5

削除すると、すべて綺麗になくなります。
cookies6

ただ、ブラウザから削除した時、ディレクトリのCookiesの容量はまったく増減せず。うーん。システムの構造が分からないので、なんともいえない・・・。(だれか、教えて欲しい。。。)

最後に一言

cookieと聞いて、いつも美味しそうだと思ってしまう。

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

cookies(クッキー)の生データの保存場所 - Google chromeの場合


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

本ブログ・WebMakeBlog KIYOTATSUを運営しているYoshiと申します。普段はWEB制作をやっています。主に要件定義や構築が得意で、HTML/css/javascript/PHP/git/wordpress/MT/DB/photoshop/illustrator/fireworksなど扱えます。サーバー・アプリなども習得中。