Excel VBAで文字列を結合する方法

エンジニア

※本記事は作成日より一年以上が経過しています。最新の情報ではないので、ご注意ください。

読了の目安時間: 041

Excel VBAで文字列を結合する場合、アンパサンドの「&」、もしくはプラスの「+」を使う2つの方法があります。

Sub test()

  Dim a As String
  Dim b As String

  a = "文字列1"
  b = "文字列2"

  a = a & b
  MsgBox a

End Sub

「+」の方は数値と数値で使うと加算が実行されてしまい、文字列の結合が実施されない場合があります。文字列結合では「&」を使うなど、ルールを統一しておいたほうが混乱しなくて良いかと思います。

最後に一言

セルから読み取った文字列にvbaで情報を追加したい場合などに使えます。

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

Excel VBAで文字列を結合する方法


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

WEB制作をやっているYoshiと申します。PVは月間10万程度。過去、エンジニアの頃は、MATLAB/simulink/VBA/C/C++など扱っていました。生産管理、MECE、オブジェクト指向など、当時に得た知識はweb業界に入っても、かなり役立っています。