Excel VBAでSubプロシージャとFunctionプロシージャの間で配列を渡す方法

エンジニア

読了の目安時間: 13

Excel VBAでSubプロシージャとFunctionプロシージャの間で配列を渡す時は、たとえば下記のような方法があります。

Sub main()
  Dim Ar_DB() As String

  Ar_DB = GetArray()

End Sub

Function GetArray()

  Dim Ar() As String
  Dim i As Integer

  For i = 0 To 10
    ReDim Preserve Ar(i)
    Ar(i) = "入力データ" & i
  Next i

  GetArray = Ar

End Function

上記を動かしてみると、FunctionプロシージャのGetArray()で作成した配列のデータが、Subプロシージャのmain()処理内のAr_DBに渡されていることが分かります。
array

▼詳しい情報はこちら
http://www.clayhouse.jp/array/array03_e.htm

最後に一言

配列扱えない時の苛立ちは異常

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

Excel VBAでSubプロシージャとFunctionプロシージャの間で配列を渡す方法


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

WEB制作をやっているYoshiと申します。PVは月間10万程度。過去、エンジニアの頃は、MATLAB/simulink/VBA/C/C++など扱っていました。生産管理、MECE、オブジェクト指向など、当時に得た知識はweb業界に入っても、かなり役立っています。