Excelでセル結合されたセルの計算式を選択して参照できない時の対処法

ビジネス

読了の目安時間: 133

Excelでセル結合されたセルの計算式を選択した時に、うまく参照できない時があります。これは、結論としては、結合セルの開始部分だけの行列番号を指定するようにしてあげればOKです。

エラーの詳細

たとえば、「Sheet-1」というシートにSUM計算式の入力してある結合セル「A12:D12」があったとします。

excel_err1

この時、「Sheet-1」の結合セル「A12:D12」を「Sheet2」から選択すると、「='Sheet-1'!A12:D12」というように選択されます。

excel_err2

「='Sheet-1'!A12:D12」のままでは、エラーが起きていて、「400」ではなくて、「0」という誤った値が表示されます。(場合によって、VALUE!エラーが表示されることもあります。)

excel_err3

エラーの対処法

本エラーを解決するためには、結合セルの開始部分のみを指定するようにしてあげると、うまく対処できます。今回の場合は、「='Sheet-1'!A12:D12」ではなくて、「='Sheet-1'!A12」と修正してやります。すると、答えの「400」が表示されます。

excel_err4

エラーの考察

どうも今回のケースだと、シート名に「-(ハイフン)」が含まれている時、そのシート内の結合セルを他のシートから選択すると、範囲指定のようになってしまうようでした。「Sheet1」という名前の時は、結合セルを選択しても、その冒頭部分を選択してくれていました。

たぶん、シート名に何かしらの変化をすると、他シートから結合セルを選択した際、範囲で読み込んでしまう用です。

まとめ

結合セルを選択して、うまく参照してくれない時は、結合セルの開始部のみを指定するようにすれば、だいたい解決してくれるようです。忘れずに覚えておきたいところです!

最後に一言

本題と関係ないけど、なんかoffice2016微妙感ある・・・。

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

Excelでセル結合されたセルの計算式を選択して参照できない時の対処法


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

本ブログ・WebMakeBlog KIYOTATSUを運営しているYoshiと申します。PVは月間10万程度です。普段はWEB制作をやっています。効率良い仕事が大好きです。ショートカット・マクロなどの業務短縮や、タスク・スケジュールのスムーズな進行管理などに気を遣っています。