feedlyの登録ボタンをウェブサイトやブログに一瞬で設置する方法

web制作

※本記事は作成日より一年以上が経過しています。最新の情報ではないので、ご注意ください。

読了の目安時間: 136

ブログサイトの多くがfeed配信対応になっています。そして、ユーザーに手早くfeed登録をしてもらうためにはfeedlyボタンを設置しておくとスムーズになり、ユーザービリティに優れるかと思います。

feedlyボタンの設置は、慣れてしまえば1分ほどで片付く程度の楽な作業です。下記に紹介していきます。

▼公式サイト
http://feedly.com/factory.html

さっそくfeedlyボタンを作成してみる

まずは公式サイトに移動します。

feed1

手順に従って入力していきます。好きなボタンの形を選択する→登録したいウェブサイトのfeedのURLを入力する→ソースコードをコピーして利用する

feed2

上記のfeedly Buttonデザインを使いたくない場合、自分のボタンデザインにすることも可能です。

本ブログ「WebMakeBlog キヨタツ」では、右側のサイドバーの「RSS配信をfeedly登録する」ボタンに、上記のURLを埋め込んでいます。

方法としては、feedly公式サイトで作成したソースコードのうち、a href="****"の部分をコピペして利用すればOKです。

feedly登録としている人数を確認することも可能です

下記のウェブサイトにfeedのURLを入力することで、現在のfeed登録者数を確認することができます。

▼Knowledge Colors:Feedly Subscribers Checker
http://knowledgecolors.net/feedly-subscribers-checker.html

ちなみに本ブログ「WebMakeBlog キヨタツ」の登録者数は超少ないです。いかに役立つコンテンツを配信していないか、よく分かります。

・・・がんばります。。。

まとめ

いかがでしたでしょうか。wordpressの魅力の一つは、feedly配信ができることです。ぜひ参考にしてみてください。

最後に一言

同情したら登録を・・・くうう。

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

feedlyの登録ボタンをウェブサイトやブログに一瞬で設置する方法


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

WEB制作をやっているYoshiと申します。PVは月間10万程度。主に要件定義や構築が得意で、HTML/css/javascript/PHP/git/wordpress/MT/DB/photoshop/illustrator/fireworksなど扱えます。サーバー・アプリなども習得中。