2年の禁煙者が電子タバコのFLEVOを試してみた! 感想は「作業中の一呼吸にわりと活躍」

レビュー

読了の目安時間: 346

2015年夏から禁煙をスタートして、はや2年とちょっと。正直、作業の合間、たまに一服したくなる時がありました。そんな折、目についたのが、電子タバコのFLEVOちゃん。値段も安く、ニコチン・タールも0。ちょっと煙を吸うだけならアリかなと思い、試してみることに・・・。

結論は、タバコには劣るものの、ちょっとした一服には満足、という感じでした。

電子タバコFLEVOを吸ってみた!

スターターキットを開封!

自分が買ったのは、ブラックカラーのタバコフレーバー。パッケージがちょっとオシャレというか、なんだかwebデザインな印象を受けます。

中身一式。電子タバコの本体部分と、香り成分の入った交換用カートリッジ2本、それと充電用USBコネクタと説明書が入っています。

使い方はもろもろ説明書に書いてあります。

ただまあ百聞は一見に如かずなので、さっさと吸ってみましょう!最初から充電もしてあるので、買ってすぐに吸うことができます。

さっそく吸ってみる!

一服。

実際に吸って分かったことは、なんと吸引すると電子タバコ先端が光るということ。

水蒸気だけど煙みたい!

FLEVOは、あくまで水蒸気を生み出すだけで、ニコチンやタールの煙とはそもそもの根本が違います。なので、タバコを吸った時の煙の香ばしさというか、頭を刺激するような強い味わいは、正直、楽しめません。

ただ、タバコフレーバ―は水蒸気ながらも、その名の通り、ちょっとしたタバコの雰囲気は楽しめます。たくさん吸い込んで、ふううううっと、鼻に抜ける感じとかは、タバコを吸ってた頃の懐かしい感覚でした。

具体的に言うと、タール1~5mg/ニコチン0.1~0.3mg程度の軽いタバコを吸ってた人は、おそらく馴染めるんじゃないかと思います。

12mg以上でないと満足できないスモーカーな方々は、とても満足できるものではないので、買う必要はないですね。

室内で吸えるのは超便利!

ニコチンやタールがないので、ヤニで黄色くなる心配もなく、部屋の中で吸えるってのは、本当に嬉しいポイントです。パソコンで作業しながら、そのままデスク上で「ふーっ」と休めるのは、かなりありがたい。

ただ、自分はSOHOなので良いですが、普通の会社だと、まず怒られると思うので、気をつけてください!

カートリッジ交換がカンタン!

FLEVOはカートリッジ交換式になっていて、カートリッジ一本につき、240回ほど水蒸気を吸えるスペックになっています。

本体さえ持っていれば、あとはカートリッジ(1本300円程度の単価)を購入するだけでOKなので、かなりリーズナブルな運用が可能です。

また、香りの種類は、「タバコフレーバー」、「ビタミンベリー」、「メンソール」の三種類があって、色々と使い回すことで、飽きがこないように楽しめそうです。

充電も手軽!

吸った時、先端部のLED部分が点滅すると充電の合図です。カートリッジ部分に充電用コネクタを差し込んで、USB接続のバッテリーチャージをしましょう。

長く愛用する人は専用ケースも考えよう!

FLEVOのスターターキットには、ケースが付属されていません。ちょっとした旅行では、充電器と交換用カートリッジも必要となり、持ち運びが微妙に不便なので、長く愛用する予定の人は、専用ケースを購入しておくと便利かと思います。

(★2017/12/12追記)試しにケース、買ってみました。ただ、結論は、ちょっとオススメしかねますね・・・。

電子タバコ FLEVOの公式ハードケースを買った感想は「フタが壊れやすそうでおススメしかねる…」

まとめ

いかがでしたでしょうか。

タバコを吸う気はないけど、「ふーっ」としてた時間が懐かしいな・・・。という人にはけっこうオススメです。

一点、ケチをつけるとしたら、これを喫煙所で吸うのはちょっと恥ずかし過ぎる、ということです。もし自分が喫煙を続けていたら、電子タバコのことはかなり笑っていたと思いますので・・・。(なんてヤなやつ!)

最後に一言

喫煙の話題になるとステレオタイプに騒ぎ出す過度な嫌煙者は苦手です。喫煙したって良いじゃない。個人の自由かと。

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

2年の禁煙者が電子タバコのFLEVOを試してみた! 感想は「作業中の一呼吸にわりと活躍」


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

本ブログ・WebMakeBlog KIYOTATSUを運営しているYoshiと申します。普段はWEB制作をやっています。本・映画・時事ネタなどで思った感想・批評について、チラシの裏に書いておけば良いモノを臆面もなくネットに公開して、図々しく雑記してます。