GitHub Gistで埋め込んだソースコードはクロールで読取されるの?

web制作

読了の目安時間: 18

ウェブサイトでソースコードを表示する場合、色んな方法があります。その中の一つの方法が、GitHub Gistです。

▼GitHub Gistの公式サイト
https://gist.github.com/

GitHub Gistとは

GitHubに登録して Gistを利用すると、登録したソースコードを他のサイトで埋め込み表示できるようになります。

▼下記はGitHub Gistに登録してあるソースコードを埋め込み表示して出力している。

埋め込んだソースコードはクロールされるの?

ちょっと前より、本ブログサイトでもGitHubを利用させて頂いているのですが、ちょっと思ったことは、「埋め込んだ場合って、そのソースコードは検索ロボットのクロールにちゃんと読み込まれるの?」という疑問。

ただ、これは、時間を置いて検証してみたところ、しっかりクロールにひっかかっていたようです。

▼Gistで埋め込んだソースコードも検索にひっかかる。

ですので、検索など気にせず、Gistで埋め込みしていって大丈夫そうです。

Gistは外部サイト!

いうまでもないことですが、Gistは外部サイトです。そのため、Gistがサービス停止した場合、その埋込しているソースコードは働かなくなってしまいます。「運用しているサイトだけで一元管理したい!」という人は頼らないように気をつけましょう!

最後に一言

なんでもかんでも埋込できる世界・・・!

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

GitHub Gistで埋め込んだソースコードはクロールで読取されるの?


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

本ブログ・WebMakeBlog KIYOTATSUを運営しているYoshiと申します。普段はWEB制作をやっています。主に要件定義や構築が得意で、HTML/css/javascript/PHP/git/wordpress/MT/DB/photoshop/illustrator/fireworksなど扱えます。サーバー・アプリなども習得中。