Googleマップの地図マーカーが消えた時の対処法の一つはディレクトリ確認!

web制作

読了の目安時間: 126

先日、自分が管理しているウェブサイトの一つにおいて、Googleマップの自作していた地図マーカー(アイコン)が消えていました。

原因を調査したところ、単にウェブサイト側のディレクトリが変更になっていただけでしたが、備忘録的に紹介しようと思います。

Googleマップの地図マーカーが消えた時の対処法の一つはディレクトリ確認!

原因はSSL化によるhttpsへのURL変更

サイト全体をSSL化して、http⇒httpsとなり、URLが変更になったことで、地図マーカーを読み込んでいたディレクトリ変更となって、画像が読み込めなくなっていました。

解決法は地図マーカ―のURLを修正すればOK!

Google mapをカスタマイズする場合、jsを用いて、「function initialize」の関数を利用するかと思います。

そのうち、地図マーカ―のオブジェクト生成をしているコードは、「google.maps.MarkerImage」部分になりますので、SSL化した時は、Google mapの地図マーカ―URLも忘れずに変更するようにしましょう。



function initialize() {
  var icon = new google.maps.MarkerImage(
      'https://****/****/images/map_icon.png',
      new google.maps.Size(50,50),
      new google.maps.Point(0,0)
  );
}

※initialize中身は、もろもろ省略

まとめ

Googleマップは動いているのに、地図アイコンが消えた!という時は、ひとまずディレクトリを疑ってみましょう!

最後に一言

あるある・・・。

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

Googleマップの地図マーカーが消えた時の対処法の一つはディレクトリ確認!


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

本ブログ・WebMakeBlog KIYOTATSUを運営しているYoshiと申します。普段はWEB制作をやっています。主に要件定義や構築が得意で、HTML/css/javascript/PHP/git/wordpress/MT/DB/photoshop/illustrator/fireworksなど扱えます。サーバー・アプリなども習得中。