Google検索とBing検索で異なるSEOについて感じたこと・まとめ

web制作

GoogleとBingでは、同じキーワードを検索した時、その表示結果がけっこう異なります。システム内部のクローラーが異なり、アルゴリズムの違いがあって、同じ結果にならないためです。

というわけで、本記事では、著者が自分のブログサイトを材料に、Google検索とBing検索を比較してみた時の気づきや感想について、まとめておこうと思います。(あくまで個人の主観による内容ですので、あんまりアテにはしないでください。)

Google検索とBing検索について

bing検索は無視できない存在!

Bing 検索

ほんの一昔前までは、bingなんて検索窓を使っている人は少なかったので、あまり気にしなくてもOKでした。

しかし、今現在の背景としては、Microsoftの強烈なbing検索のごり押しが推進されています。

新ブラウザEdgeとwindows10の誕生。さらにはsurface laptop Sなどの端末では、検索エンジンはbingのみで強制されるという始末。

これはすなわち、bing検索はだんだんと無視のできないパーセンテージになっていくということです。

自分のブログサイトを解析してみても、昔に比べて、bing検索はまだまだ数値は小さいモノの、着実に増えてるんですよね・・・。ざっくりした数字で、昔は5%未満でしたが、今は7~10%程度あります。

XPの普及と同時に起きた、悪夢のIE6時代とまではいかないでしょうが、しかし、着実にbing浸透運動は進んでいるのです。(アメリカでは、bing使用者が多く、すでに約25%を超えているとか・・・。)

bingとGoogleの検索結果はかなり違う!

実際に色々とキーワードを入力検索して比較してみると分かるのですが、GoogleとBingの検索結果は、けっこう異なります。

たとえば自分のブログサイトでは、「Google検索だとSEO順位が上位1ページ目」というキーワードがそこそこあるのですが、それらがbingの検索では下位評価となっていて、ことごとく検索結果から弾かれていました。

試しに「運動 ダイエット」と検索してみても、bingとgoogle、ともに1ページ目に共通して表示されているページは、10件中、3件のみです。

Google検索 Bing検索 比較

▼共通表示されているページ
・ダイエットに効果のある運動おすすめ10選!美しく痩せるコツ!
・家で毎日できる運動ダイエット!
・ダイエットで一番効果がある運動は?痩せる運動ランキング

しかも、URLをよく見ると、Googleのほうは日本語URLで読んでますが、bingのほうは文字列に。

このように、bingとgoogleでは、その検索ロボットにおいて中身が違うので、両方とも一番を目指すのは、かなり大変そうです。

bing検索で上位表示されるためには・・・?

ええと・・・。

正直、そんなの自分が知りたいくらいです!

まあ、なぜかわかりませんが、自分のブログサイト、bingでは、かなり嫌われているんですよね・・・。

しかも、「A」というキーワードで調べた時、「A」というキーワードがまったく使われていない「B」というページが上位表示されていることもあって、bingさんのアルゴリズムは、本当によく分からないです。(Googleだと、少なくとも検索したキーワードが記事中にないってことは、ほぼないので・・・。)

色々と検索しまくってみた感じだと、なんとなくですが、bingでは、「専門性の高さ・公式組織」みたいな感じのサイトが優先して表示されている・・・ような感覚を受けました。(あくまで感覚ですよ。)

自分のブログサイトは、要点のまとまっていない雑種ブログと化しているので、そういったサイトは、あんまり上位表示されない仕組みになっているのかもしれません。

たとえば、スキーのことであれば、「スキー専門」をトップページから宣言しているようなサイトがランクされやすいのかなぁ、と感じます。

そういう意味だと、色んなキーワードを散りばめて、ロングテールなSEOを目指すにしても、そもそもの分野・カテゴリーは、ある程度絞っておかないと厳しいという感じでしょうか。

こういった時、手っ取り早くSEOを上げるために思いつく手段の一つが広告出稿ですが、しかし、Bingの場合、広告について難ありなんですよね・・・。

Bingの広告出稿は分かりにくい・・・

Bingには、Google同様、リスティング広告の出稿ができる仕様になっています。しかし、Microsoftは、今現在、Bingの広告出稿を可能としたサービスを公式に提供しておらず、なぜかYahoo!経由で利用できることになっており、ちょっと分かりにくいです。一応、詳しいことは、下記の記事にまとめていますので、気になる方は、お読み頂ければと思います。

Bing検索でgoogleアドセンスのように広告出稿する方法は・・・?

また、分かりにくさに加えて、仮にBingで広告をするとなると、次に問題となるのがコストです。

両方の宣伝をがんばると広告費用も二倍・・・

当たり前といえば当たり前ですが、どちらの検索エンジンでも上位表示させようと広告を打てば、費用は二倍です。また、仕様の違いによる、作業の手間も増えます。

Bingの広告出稿サービスは、日本ではまだ微妙な感じなので、あんまり顕在化した問題になっていませんが、海外では、そういったことがすでに問題提起されているようです。

では、いったいどうすれば・・・となるのですが、ひとまず無難な対策としては「Bingに認識してもらうこと」かと思います。

bingのウェブマスターツールに登録しておこう!

ノーコストで可能なBingのSEO対策は、Google同様、ウェブマスターツールです。

Microsoftのアカウントさえ所有していれば、Googleのウェブマスターツールと、ほとんど同様の手順で、Bing用のウェブマスターツールに登録できますので、使わない手はありません。

▼bingのwebマスターツール
https://www.bing.com/toolbox/webmaster/

また、ウェブマスターツールだけでもOKですが、心配な方は下記URLから、bingに対して、サイトの存在を通知してもOKかと思います。

▼bing登録
https://www.bing.com/toolbox/submit-site-url

まとめ

正直、答えのうっすい記事で、本当に申し訳なく思ってます。

「bing SEO」という感じで、bingの改善方法を調べると、ほとんどの記事が「ウェブマスターツールに登録しましょうね^^」で完結しているんですよね・・・。自分も同じ結果に終わってしまっていることが、悲しいです。

とりあえず、今後、ぼちぼちbingも意識してみて、ちょこちょこ調べていこうと思ってますので、また何か判明したら加筆修正していこうと思っています!

最後に一言

もし、詳しい方いらっしゃいましたら、ぜひご連絡くださいますと、幸いです。

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

Google検索とBing検索で異なるSEOについて感じたこと・まとめ


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

本ブログ・WebMakeBlog KIYOTATSUを運営しているYoshiと申します。普段はWEB制作をやっています。得意なのは要件定義や構築で、HTML/css/javascript/PHP/git/wordpress/MT/DB/photoshop/illustrator/fireworksなど扱えます。サーバー・アプリなども習得中。