コードの確認場所が分からない? Google タグマネージャーでコンテナスニペットを埋め込む方法!

web制作

読了の目安時間: 131

Google タグマネージャ―(以降、GTM)のスニペットを埋め込む時、そのコードを入手する方法が分かりにくいので、備忘録的に記事にしておきます。

GTMの性質上、最初に埋め込みしておけば、その後に修正することはないのですが、もしも後からスニペットを確認する時は以下の方法で可能です。

Google タグマネージャーのコンテナスニペットの埋め込み方法

GTMの管理画面(ダッシュボード)を開いたら、タブ「管理」を選択して、スニペットを確認したい対象のコンテナを選択して、その項目のうち、「Google タグマネージャをインストール」を選択します。(自分の場合は、「kiyotatsu_blog」のコンテナ。)

コードが表示されるので、あとはコピペして、対象のサイトに埋め込みすればOKです。GTMは、埋め込みの際、headタグ内部とbodyタグ直下の「二カ所」にコードを埋め込む必要があるので注意してください。

全ページに埋め込みする必要があるので、静的環境で構築している場合は、grepなどの一括置換もしくはphpテンプレートパーツなどで一元管理するようにしましょう。wordpressなどのCMSだったら、これもテンプレートファイルにして読み込むようにしておけば、一カ所の修正だけでラクに管理できます。

まとめ

GTMのスニペットを埋め込む際は、「管理」>「Google タグマネージャをインストール」でコードをコピペすればOKです!

インストールという表現を使っていて、後から確認する時、ちょっと分かりにくいんですが、まあ探せばなんとかなります。

最後に一言

GTMは便利なので、長く運用するサイトには必ず導入したいところです。

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

コードの確認場所が分からない? Google タグマネージャーでコンテナスニペットを埋め込む方法!


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

本ブログ・WebMakeBlog KIYOTATSUを運営しているYoshiと申します。普段はWEB制作をやっています。主に要件定義や構築が得意で、HTML/css/javascript/PHP/git/wordpress/MT/DB/photoshop/illustrator/fireworksなど扱えます。サーバー・アプリなども習得中。