【超カンタン】既製品パソコンに市販グラフィックボードを換装・取付してみた! その2 GTX1050取付作業まとめ

PC・機器

読了の目安時間: 449

前回の記事では、パソコンとグラボの仕様をチェックして、「たぶん取付しても大丈夫そう」ということを確認しました。というわけで、今回の記事では、「HP Pavilion 500-040.jp」のデスクトップパソコンに、「GeForce GTX 1050 2GT LP」のグラボをくっつけていきます!

グラフィックボード GTX1050を取りつけてみた!

GTX1050をチェック!

こちらが今回取りつけていくロープロ用のグラボGeForce GTX1050です。

中身一式。グラボ本体、ドライバ用CD、説明書、保証書、設置時のサポート金具?(自分は使わず)が入っています。

GTX1050 取りつけ 換装 HP pavilion

説明書には、グラボの設置方法が書いてありますが、かなり省略されているので心配な人は「グラボ 取り付け」などで検索して、詳しい記事を探した方が良さそうです。

GTX1050 取りつけ 換装 HP pavilion

寸法は18cmほど。ハードは、補助電源ナシのファン二個って感じです。

GTX1050 取りつけ 換装 HP pavilion

取りつけ開始!

パソコン筐体をオープン。ブロアーやエアダスターなどでホコリ掃除を済ませてから、PCI Express x16のスロットに空きがあることを確認。無線LANのケーブルがちょっと邪魔ですが、まあ長さもあるので大丈夫そうです。

GTX1050 取りつけ 換装 HP pavilion

グラボの端子口は、バックパネル赤線部のところになります。

GTX1050 取りつけ 換装 HP pavilion

筐体の裏側から見ると、ここに端子口となります。

GTX1050 取りつけ 換装 HP pavilion

ドライバー工具で開封。羽根の一枚は、プラモ部品のごとく、周りの金属と小さい点で接合しているので、壊して取っちゃいます。(外して取る=自作したことの証明=HPが保証外と言えるよう、こういう設計になっている・・・? PC筐体自体がこういうものなのかもしれませんが、BTOなど自作したことないので、何とも分からないです。)

GTX1050 取りつけ 換装 HP pavilion

GTX1050の端子口は、DisplayPort、デュアルリンク DVI-D(デジタル出力のみ)、HDMI(HDMI 2.0b, 4096×2160 60Hz)の3点です。

GTX1050 取りつけ 換装 HP pavilion

PCI Express に差し込むため、グラボの保護ケースを外します。

GTX1050 取りつけ 換装 HP pavilion

GTX1050 取りつけ 換装 HP pavilion

さっそく取り付けます。

GTX1050 取りつけ 換装 HP pavilion

ちょっとギリギリのサイズですが、なんとか差し込めました。カチッとか言わなかったので、爪が動いているのかどうかよく分からないけど、たぶんハマってそうなので気にしないことにする。(絶対に良くない)

GTX1050 取りつけ 換装 HP pavilion

バックパネル裏側から見た写真。2パネルがちゃんと埋まりましたので、端子口も大丈夫そうです。

GTX1050 取りつけ 換装 HP pavilion

元に戻していきます。

GTX1050 取りつけ 換装 HP pavilion

GTX1050はロープロ仕様で、補助電源は不要です。

GTX1050 取りつけ 換装 HP pavilion

無事にグラボを接続完了しました。

GTX1050 取りつけ 換装 HP pavilion

あとはケーブルでモニターと接続して、ちゃんと動くか確認するだけです。

GTX1050 取りつけ 換装 HP pavilion

電源オン!

さっそく電源をつけてみると・・・

なんと、起動時、いつもならディスプレイに映像が表示されるタイミングで、なにも表示されず、ファンが大きく三回動いて、「壊れたかな・・・」と、ちょっとびびりました。その後、すぐに映像が出力されたので、一安心です。

DVI側のモニターが動いていたので、そちらからログイン。それからHDMI側ディスプレイを表示させようと設定を見てみると・・・。

なんと、HDMI側ディスプレイの検出ができず。

「あれ・・・?」と思った数秒後、そういえばドライバインストールしてなかったことを思い出しました。結論を先に書いちゃうと、Geforceのドライバインストールで正常動作するようになります。

ソフト側の設定手順については、記事が長くなってきたので、次回に続きます!

▼次回の記事

【超カンタン】既製品パソコンに市販グラフィックボードを換装・取付してみた! その3 ソフト・ドライバインストール

余談

GeForce GTX1050Tiのほうが良かったかも・・・?

今回、GeForce GTX1050を使いましたが、同番号シリーズのGeForce GTX1050Tiでも良かったかもしれません。

GTX1050Tiだと、GTX1050と比べて、ファンも一つ、端子口のパネルも一つでOKなので、さらなるコンパクト化が望めます。(ファンの音はどちらが静かなのか不明。)

ただ、周波数性能を見ると、多少ですが、GTX1050のほうが良いので、まあ、ちょっとしたところでコンパクトさをとるか、性能をとるか、という違いかと思います。

参考リンク

今回、取付にあたっては、下記の記事さまを参考にさせて頂きました。

▼グラフィックボードの交換・増設
http://www.pc-master.jp/jisaku/graphicsboard-k.html

▼nVIDIA グラボ設置手順
http://www.nvidia.co.jp/content/apevents/japan/special/diy2.html

▼【動画】グラフィックスカードを取り付けよう
https://www.youtube.com/watch?v=n3-0aOcKG00

グラボ取り付け記事まとめ

その1 仕様確認&必要機材準備
http://kiyotatsu.com/gtx1050_attachment_preparation/

その2 GTX1050取付作業まとめ
http://kiyotatsu.com/gtx1050_attachment_hard-install/

その3 ソフト・ドライバインストール
http://kiyotatsu.com/gtx1050_attachment_soft-install/

その4 快適なパフォーマンス達成!
http://kiyotatsu.com/gtx1050_attachment_performance-up/

最後に一言

やるまでは面倒だけど実際にやると楽しい

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

【超カンタン】既製品パソコンに市販グラフィックボードを換装・取付してみた! その2 GTX1050取付作業まとめ


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

本ブログ・WebMakeBlog KIYOTATSUを運営しているYoshiと申します。普段はWEB制作をやっています。長年windowsでしたが、最近Macに惚れ始めてます。サーバー勉強に併せて、Linuxも触り始め中。パソコン自作にならって、スマホ自作の時代になることを願っています。