おふろcafe「白寿の湯」へ平日に行ってみた! 「温泉+寝かせ玄米の糀御膳」をじゃらんのおかげで約千円で堪能!

お出かけ

読了の目安時間: 311

話題のおふろカフェさん。

今回は、埼玉奥地、長瀞・美里近くにある「おふろcafe 白寿の湯」へ平日に行ってみました。

休日は人で一杯らしいですが、やはり平日だと、人もそこそこという感じで、とても快適に過ごせました!

▼おふろcafe 白寿の湯さんの公式サイト
http://ofurocafe-hakujyu.com/

白寿の湯へ平日に行ってみた!

アクセス

白寿の湯は埼玉北側にあって、けっこう遠いです。

最寄り駅は児玉駅ですが、車で行くのが一番でしょう。都内の方は高速を使わないと片道2時間以上はかかります。

ただ、国道254はのんびりした田舎道になってきますので、ちょっとした観光気分でドライブを楽しめる方は、下道で行っても大丈夫だと思います。あんまり渋滞って概念もない道ですし、目的地では風呂に入って、なんなら昼寝まで可能なので、帰り道も体力バッチシで運転できます。

山に囲まれていて、のどかーな雰囲気です。

寝かせ玄米の糀御膳を頂く!

到着早々、お腹が空いたので、先に食事を頂くことに。

白寿の湯さんの名物が、「寝かせ玄米の糀御膳」です。

寝かせ玄米と主菜、それからつみっこ汁、手作りおそうざい4品と自家製ぬか漬け、甘酒がついて、1,380円(税込)の素敵メニューになっています。

とても健康的で、豚肉はぷりぷりで食べごたえも抜群です。

糀のもろみ味噌が本当に美味しくて、大満足でした。

あと、個人的に一番おいしかったのは糀の甘酒です。甘いモノ好きにはたまらん一品です。

満腹の後は風呂へ!

食べてすぐにお風呂に入って健康に良いのかどうかはさておき、とりあえず風呂へ!

風呂場は、ロッカーや浴槽など、ちょっと古い感じです。スパっていうよりは、銭湯をイメージしておくと良いかと思います。

「白寿の湯」さんは、元々銭湯施設だったところをリニューアルして造ったそうなので、風呂周りはちょっと古いみたいです。

とはいえ、しっかり温泉なので、旅の疲れがしっかり癒されます。

露天風呂も気持ち良いのですが、室内風呂の方が、外の緑山を眺められて、景観が素晴らしいです。

休憩室でくつろぐ!

風呂に入った後は、館内着でくつろぎへ。

雑誌や漫画がたくさんあって、ゴロゴロ可能なスペースがたくさん! 珈琲も無料なので嬉しい限り。

パソコンはmacだし、半個室のような場所もあります。

ガチで寝たいなら、畳部屋でゴロゴロと・・・。たまらんですね。

料金はリーズナブル

他のおふろカフェ同様、白寿の湯さんのお値段はリーズナブルです。

▼料金はこちら
http://ofurocafe-hakujyu.com/information

じゃらん利用でオトクな価格に!

じつは白寿の湯さん。じゃらんのアクティビティ・遊び・体験予約を利用すると、貸タオルや館内着を含む入浴料と食事の糀御膳がセットになって、オトクに申し込むことができます。

じゃらんでは、よくクーポンを配布していますし、旅行の後にポイントが余ったりしていることも多いと思いますので、遊び・体験予約でポイント消化すると便利です!

自分は今回、ポイントとクーポンを併用して、一人1,000円ほどで、タオル館内着つき入館+糀御前を堪能することができました!

▼詳細はこちらから
~おふろcafe~日帰り温泉&糀御膳セット

客層は年配の方が多い!

平日ですし、近所のご年配の方々がよくいらっしゃるようです。

騒がしいお客も少なく、とても落ち着ける雰囲気です。

年配だけではなく、自分以外にも若い方を見かけましたので、くつろぐには快適かと思います。

まとめ

たまのドライブで気晴らししたい時に、その目的地の一つとして、おススメの場所かなと感じました。

くつろぎの休日作りの参考にしてもらえれば幸いです!

最後に一言

じゃららーん。

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

おふろcafe「白寿の湯」へ平日に行ってみた! 「温泉+寝かせ玄米の糀御膳」をじゃらんのおかげで約千円で堪能!


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

WEB制作をやっているYoshiと申します。PVは月間10万程度。休日のストレス解消法は、ドライブ/観光/フットサル/ゴルフ/サッカー観戦/カフェ/競艇/スパ/温泉/酒など。順調にオッサン化が進行しているようです・・・。