ハトシロールとは、「アジのすり身」をパンで挟んで揚げた、長崎名物の美味しい卓袱料理

グルメ

※本記事は作成日より一年以上が経過しています。最新の情報ではないので、ご注意ください。

読了の目安時間: 158

大村空港を歩いていたら、珍しい看板を発見しました。

「長崎一番の味 ハトシロール」

なんなんだろう、ハトシロール・・・。まんまと釣られて店先に並んでしまいました。

ハトシロールとは、「アジのすり身」をパンで挟んで揚げた、長崎名物の美味しい卓袱料理

ハトシロールとは、長崎県産のアジを使用して、チーズやエビなど混ぜてすり身にしたものをパンで挟み、揚げちゃう食べ物らしいです。看板を近くで見たら、とても分かりやすいです。

hatoshi2

・・・こんなの美味しいに決まってるじゃないですか!

ってことで、さっそく購入しました。魚のすり身にパンときて、そこにチーズがあれば鉄板だろうと、チーズ味を選択。

実食

パンを揚げてるので、ちょっと重みがあって、持ちやすい感じです。

hatoshi1

サクッとかぶりつくと、もう予想通りの美味でした。ツナのサンドイッチが美味しいんだから、ハトシロールはもっと美味しいです。アジのすり身にチーズがとろっと濃厚さを足し、そこに揚げたパンのジューシーな炭水化物っぷりが加わるわけで・・・。

ちょっと小腹が空いたなって思ったら、ご飯を食べるより、ハトシロールをつまんでおけばフライトくらいは余裕で過ごせますね。

ハトシロールとは何か、調べてみる

ぐるなびさんで調べてみると、ハトシロールはこういう食べ物らしいです。

長崎名物であり、卓袱料理で提供される”ハトシ”は、エビのすり身をパンで挟んで揚げたものだが、具にエビのすり身を使うため、高級料理となっている。そのエビの代わりに長崎産のアジのすり身を使うことで、手頃な価格で提供できるものにしたのが”ハトシロール”だ。さっくりとしたパンの食感と、アジや玉ねぎなどを混ぜあわせたすり身の相性が良く、オードブルや、スナックとして楽しめる味になっている。また、冷凍したものも販売されており、長崎空港や高速道路のサービスエリアでも購入可能だ。

https://gurutabi.gnavi.co.jp/i/i_4928/

まとめ

東京のほうではハトシロールを見たことなかったので、とても珍しく感じました。素人目ですが、どこかで販売してくれたら、買っていくお客さんは増えそうな気がします。

ちなみに、お土産用に冷凍のハトシロールも販売されてるようです。

最後に一言

雀荘に欲しい料理。

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

ハトシロールとは、「アジのすり身」をパンで挟んで揚げた、長崎名物の美味しい卓袱料理


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

本ブログ・WebMakeBlog KIYOTATSUを運営しているYoshiと申します。普段はWEB制作をやっています。好き嫌いがなく、なんでも食べます。中でも無類の麺好きで、よくラーメン・つけ麺を食べ歩いています。