交通事故数一位の愛知県を走ってみたら本当に恐怖だった10の現象

雑記・豆知識

※本記事は作成日より一年以上が経過しています。最新の情報ではないので、ご注意ください。

読了の目安時間: 29

観光で愛知県を運転していたら、驚きの光景を何度も見たのでまとめてみました。はっきりいって、ココ恐いです。

NAVERまとめ→【12年連続】なぜ愛知県は交通死亡事故数がワースト1なのか?【今年もワースト】

car1

初級編

基本的にウィンカー指示は出さない

 検知率5〜8割でした。左折、右折のウィンカー指示を出す車がとても少ない。わたしは唖然としたが、そんな驚きはまだ序の口に過ぎなかった。

横断歩道の上に停車はデフォ

 検知率4割です。いったい、なにを急いでいるのだろう。というか、赤信号の停車線から横断歩道までの距離を稼いだところで、ほぼ意味ないでしょう・・・。歩行者にとても迷惑極まりない。

右折は隙あらばほぼチャレンジする

 基本的に彼らは待つことを嫌うようです。対向車が左折したり、少しでも速度が遅かったりすると、彼らは迷いなく右ハンドルをさばきます。もちろんウィンカー指示はございません。

中級編

左折は全速ターン

 前を走っている車がウィンカー指示出してないからといって油断は絶対に厳禁です。わたしの目の前にいた車はそのまま直進の速度でグイッと華麗に左折を決め込んでました。いや、繰り返しなんだけど、なにをそんなに急ぐのですか・・・?

たとえ大型トラックが対向車で迫っていても右折に立ち向かう

 衝突したら確実に死ぬであろうタンカー車が対向車でも果敢に右折チャレンジ。きっと彼が昔の時代に武士で生まれていたなら大成しただろう胆力だなと感嘆。しかし、今は現代、平成の世です・・・。

車が突然に歩道を走り出す

 これはかなりの衝撃でした。奥の駐車場から出てきただけかと思ったら、そのまま歩道を走ってスルスルと進んでいく車。うーん、気分はもはや原チャリなのでしょうか。

上級編

フツーの40km道路。平然と100km/hほどで華麗に走り去る

 まあ、これはわりとどこでも見かける感じの事例ですね。ただ、夜中ならまだしも真昼間から目撃できるところが、さすがというか、なんというか・・・。もはや形容しがたい圧巻さです。

赤信号でも全速全進してしまう

 なんだろう変色グラスでも装着してるのかな? いや、色分からないにしても、信号の光っている場所で判別できるはず・・・原因を知ろうとすればするほど、迷宮入りさせられてしまう彼らのジャングルじみた生態系。

赤信号で進むわりに青信号では進まなかったりする

 ・・・いや、なんの嫌がらせなんだよ。

大幅な速度違反。~からのウィンカー指示なし、高速二車線移動

 そいつは道路の上でだれよりも自由だった。

まとめ

愛知県を車で観光される方には、マジでドライブレコーダー(カメラ)搭載をオススメします。(愛知県に限らず、地方の運転ってほぼほぼ荒いです。)

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

交通事故数一位の愛知県を走ってみたら本当に恐怖だった10の現象


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

WEB制作をやっているYoshiと申します。PVは月間10万程度。面白いネタを求めて、インターネットをよく泳いでいます。テレビのバラエティも凄く好きです。ただし、渋谷のハイタッチ騒ぎなど、人様に迷惑かける系統のネタは好みません。