超行列!東京駅ラーメンストリートで話題の「六厘舎」の濃厚極太つけめんを食べてきました。

グルメ

※この記事は、作成日より一年以上が経過しています。最新の情報ではありませんので、ご注意ください。

読了の目安時間: 214

六厘舎 つけめん

ずっと行ってみたいと思っていた東京つけめん六厘舎。もう年月も経ったし、平日なら空いているだろうなと思って、いざ実食。写真は特製つけめんの大盛りになります。うーん。たまらないです。

六厘舎とは

六厘舎 東京 ラーメンストリート

濃厚スープに極太麺というスタイルを築き上げ、つけめん界に大きな旋風を巻き起こした人気つけ麺店

2005年4月頃から取り組まれているみたいで、おかげさまで色々と美味しいつけ麺が食べられています。

今も変わらず行列!

並ぶことが好きではないので、なるべく避けようと思って、平日の15時頃にお店へ赴くと・・・

「30分待ち」

さ、さすがの名店です。

ちなみに、後から待ち合わせとかは固く禁止してくれている良心的なお店です。割り込みとか本当に許せないからありがたい限りのご配慮です。

どんな味?

なるべく広い範囲の人に受けつつも玄人の舌も飽きさせないといった感じの絶妙な美味しさです。

各要素の感想をそれぞれ述べると下記の具合です。

・濃厚さ
正直、今の時代だと、六厘舎より濃厚なお店は多いです。しかし、店が濃厚さに特化していくと「野郎ばかり」を多く集めてしまうデメリットもあります。対して、六厘舎のスープはその「寸前」という具合です。魚介ダシの味を上品に楽しめつつ、しかし物足りさがないということはない、キッチリ強い味を残してくれます。

・麺の太さ
これは圧巻。本当に太いです。極太中の極太。つけめん業界の中でもトップクラスだと思います。「すする」というより、「すすりいれてから噛んで食べる」って感じです。間違っても江戸っ子よろしくノド越しで楽しむなんて食べ方はしないようにしましょう。

・麺とスープの混ざり具合
これも絶妙。めちゃくちゃ混ざるわけでもなければ、まったく混ざらないわけでもない。麺に味がしっかり染み込む適正な量が混ざる、という感じです。麺自体に少し味がついているから必要以上にスープが混ざる必要もなく、そしてしっかりした味を堪能できます。

・具材
どれも美味しい。とくにチャーシューは煮込んだだけではなく、おそらく焼きを入れているのでとろける舌触りの中、風味と肉質の歯応えまできっちりあります。「豚くずし」は必ず入れたほうがいいです。

・ボリューム
通常料金で並盛(450g)まで無料なのですが、これで十分です。大盛にしたら、ちょっと多かったです。わたし、二郎を全増しで食べられる胃の量なので、普通の人は小でも良いかもしれません。

・スープ割
超上品。魚介の強烈な味の中、柚子をまぶしてゴボッとダシで割って・・・お腹一杯になっても美味しいと感じる美味しさです。

まとめ

また食べに行きたい味なのですが、行列がネックですね。人気店ゆえの宿命なので仕方ないところです。時間に余裕のある時に食べに行くことをおススメします!

今読んだ記事をシェアする

rokurin-thumb

超行列!東京駅ラーメンストリートで話題の「六厘舎」の濃厚極太つけめんを食べてきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このブログサイトが参考になった人は、いいねボタン! 更新情報も受け取れます!

arrow
デル株式会社
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キヨタツ

キヨタツ

WEBを中心に、色々な制作をする個人事業主です。過去、エンジニア&webディレクターで会社勤めをしていました。好き嫌いがなく、なんでも食べます。中でも無類の麺好きで、とくに濃厚系つけ麺が好物です。性格は、自虐好きです。