HP Pavilion Power580購入レビュー! 感想は安くてゲーミング並の高性能デスクトップでオススメ!

PC・機器

読了の目安時間: 451

2017年末、HPさんが「パフォーマンスモデル タワー祭りキャンペーン」をやっており、追加のデスクトップパソコンとして「HP Pavilion Power 580」を購入しましたので、カンタンにレビューしたいと思います!

リンクシェア レビュー・アフィリエイト

HP Pavilion Power 580の実機レビュー!

HP ヒューレットパッカード Pavilion Power 580 レビュー

概要

HP Pavilion Power 580シリーズは、リーズナブルな価格にも関わらず、ゲーミングPC並のハイパフォーマンスな性能を誇るデスクトップタイプのパソコンです。

選択するモデル・スペックにもよりますが、WEB制作で扱うAdobe関連の画像処理くらいは、なんなくこなせるスペックかと思います。windowsでphotoshopやillustratorなど使う人は、十分に検討に入れて良いパソコンかと思います。

▼詳しくはこちら(商品ページ)
http://jp.ext.hp.com/desktops/personal/pavilion_power580/

スペック

自分が購入したスペックは、下記の通りです。

名称
HP Pavilion Power 580

主要スペック
・Windows 10 Pro (64bit)【この時は無料でpro】
・インテル Core i7-7700 (3.60GHz ‐ 4.20GHz / 4コア・8スレッド / 8MB)
・16GB (8GBx2) PC4-19200 (2400MHz)
・NVIDIA(R) GeForce(R) GTX 1060
・256GB SSD (SATA)
・2TB ハードドライブ (SATA, 5400回転)

その他
・メディアカードリーダー
・DVDライター
・IEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2
・USB日本語 (109A) コンパクトキーボード & USB光学スクロールマウス
・PC リサイクルマーク 標準添付
・使い方サポート 1年用
・1年間引き取り修理サービス

有料オプション
・HP 22er 21.5インチ モニター 【20%OFF】

補足
・スペック仕様表(公式)
http://jp.ext.hp.com/lib/jp/ja/products/desktops/personal/spec_pdf/pavpow580_000_d.pdf

金額

自分が購入した時の金額は、上記のスペック内容で、総額143,800円(税別)でした。モニターが1万4千円くらいでしたので、デスクトップ自体は、13万ほどの価格です。

これ、個人的にはすごくオトクだと感じています。

なぜかというと、パーツの価格をそれぞれ見た時・・・

▼パーツごとの単価目安
・win10 pro アプデ ⇒ 21,000円ほど
・Core i7 ⇒ 35,000円ほど
・メモリ16GB ⇒ 10,000円ほど
・グラボGTX 1060 ⇒ 30,000円ほど
・256GB SSD ⇒ 10,000~20,000円ほど
・2TB HDD ⇒ 6,000円ほど

この時点で、すでに112,000円~121,000円なんですよね。

ここからさらに、マザボだったり、電源ユニットだったり、ファンなどの空冷パーツだったり、筐体だったりとくっつけていくと、どう考えても13万円以内に収まらないという・・・。

一昔前では、どう頑張っても20万円オーバーの内容なのに、ハイスペックPCであっても、本当にリーズナブルに入手できる時代となりました。

実機の様子

高性能リーズナブルなこともあり、さすがに省スペース化は難しいので、筐体は少し大きめです。ちょっとWEBカラーっぽいところが素敵です。

HP ヒューレットパッカード Pavilion Power 580 レビュー

電源ボタンが筐体の上側にあります。このタイプは初めて見ましたが、とくに気にならないのでOKです。

HP ヒューレットパッカード Pavilion Power 580 レビュー

フロントパネルの端子はこちら。イヤホンジャック、SDスロット、USB3.0、USB Type-C™ 3.0(電源オフUSBチャージ機能対応)の4点。

HP ヒューレットパッカード Pavilion Power 580 レビュー

バックパネルの様子はこちら。グラボがすでにあるので、デュアルリンク DVI-D一つ、HDMIポート一つ、DisplayPort三つの端子口があります。

HP ヒューレットパッカード Pavilion Power 580 レビュー

バックパネル下部の端子部分には、いわゆるいつもの感じの端子が勢ぞろいしてます。

HP ヒューレットパッカード Pavilion Power 580 レビュー

仕様書によると、

・USB3.0 × 2
・USB2.0 × 2
・ライン出力×1
・ライン入力×1
・マイク入力×1
・セキュリティロックケーブル用ホール
・セキュリティループ用ホール

とのこと。

モニターの様子

HP 22er 21.5インチ モニターの様子がこちら。最近のHPモニターはかなりスタイリッシュになっているようで、とても素敵なデザインです。

HP ヒューレットパッカード Pavilion Power 580 レビュー

こちらは端子口。注記として、モニター背面にはVESA規格の取付口がないので、モニターアームなどは使えません。メインモニター使いする必要があります。

HP ヒューレットパッカード Pavilion Power 580 レビュー

ただまあ、圧倒的に薄いので、とくに気になりません。なんというスマートさ!(下図は、モニターを真横から見た写真。)

HP ヒューレットパッカード Pavilion Power 580 レビュー

使ってみての感想!

一言でまとめると、すごく快適です。

15万程度で、これだけのスペックのパソコンが入手できるようになっているのだから、本当に時代の流れってすごいなって感じます。

まとめ

HP Pavilion Power 580の総評は、リーズナブルで高性能なデスクトップPCでした。これからデスクトップパソコンの購入で迷っている方は、ぜひ選択肢の一つとして、ご検討してみてください!

自分は同じ時期、DELLやマウスコンピューター、あと一応主流メーカーのデスクトップパソコンを見比べていたのですが、こちらの製品がコスパ面で最も魅力を感じてオススメです!

▼購入はHP公式サイトから
HP Directplus -HP公式オンラインストア-

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

最後に一言

なんというか、人生って遅い時代に生まれた方が有利感あるよなって、思ってしまいます。子どもの頃からスマホある時代が良かった・・・!

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

HP Pavilion Power580購入レビュー! 感想は安くてゲーミング並の高性能デスクトップでオススメ!


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

本ブログ・WebMakeBlog KIYOTATSUを運営しているYoshiと申します。普段はWEB制作をやっています。長年windowsでしたが、最近Macに惚れ始めてます。サーバー勉強に併せて、Linuxも触り始め中。パソコン自作にならって、スマホ自作の時代になることを願っています。