インターンシップは学生にとって、就職に有利なのか。答えは「有利」。できる限り参加した方が良い!

ビジネス

読了の目安時間: 47

internship1

職業体験制度のインターンシップ。これから就活を控える大学生にとって気になる話題の一つだと思います。

今回は、インターンシップが就職において有利な理由について、ご紹介したいと思います。

インターンシップは就職で有利。できる限り参加した方が良い!

インターンシップの参加は早ければ早いほうが良い!

インターンシップをする学生の多くは大学3年生だったり、大学院1年生だったりします。ただ、できることなら、大学1~2年生になったばかりの頃、できる限り早めに参加しておくことが好ましいです。

理由は、社会の雰囲気を実際に見ておくことは、自分の将来設計に大きく役立つからです。職場の具体的な仕事に触れると、社会人になった時にどんなスキルを身につけていないとマズイのか、身をもって思い知ることができます。

インターンシップでは、十中八九、実力不足を思い知らされます

たとえば工学系の理系でインターンシップをした場合、Micrsoft Officeのデータ編集は基本として、簡単なデータ解析・計算だったり、大学では学んでいないことなども任されることがあります。その時、やり方がわからないでいると、

「今時の学生はそんなこともできないんだね~」

そんな風に、挑発ボタン連打で、ものすごく嘲笑されるケースもしばしばあります。この時、学生の多くはこう思います。

「だって、そんなの大学で学んでないし!」

それはある意味、真理です。大学は、あくまでアカデミックな授業をメインに指導します。社会のビジネスに役立つスキルは、ほとんど教えてくれないというのが実状です。だからこそ、社会人になった先輩がた大勢は、「学生の頃にもっと勉強しておくべきだった」というように後悔しているのです。

インターンシップに参加して得られる大きい教訓は「自分の将来について危機感を覚えられること」

日々の講義になんとなく出席しているだけで、自分の将来は大丈夫なのだろうか・・・進路のことも考えず、ただ漠然と不安に感じつつ、日常を惰性的に過ごしているタイプの人は、一刻も早くインターンシップにチャレンジするべきだと思います。そうすることで、自分が将来のために身につけなくてはいけない課題が明確になりますし、マンネリしつつある日常に刺激を加えることができるからです。

また、そのように早い段階から社会を意識したスケジュールを実施することで、ただ授業・バイト・サークルをマンネリと続けている人たちに対し、大きいアドバンテージを得ることができます。これは大学3年以降の就職活動に大きなプラスを与えると思います。

インターンシップによってミスマッチに気づき、早めの進路変更・将来設計が可能となる

もし自分の興味ある進路があり、漠然とそっちに進もうと思っている人も、これまら早めにインターンシップに参加することが好ましいです。なぜなら、そうすることで、自分の思い描いていた理想と、実際の現実との間に起きるミスマッチに気づくことができるからです。やっぱり自分に向いてないかも・・・と思う場合、早いうちから進路変更をして、自分の将来設計をより入念に準備することができます。

インターンシップに参加していると、企業側からフォローしてくれることも!

インターンシップ先で、短い期間にも関わらず、友好的な関係を築けて、気に入ってもらえる場合もあります。そうなると、就職活動時期より少し早い頃、職場の人から連絡が来ることもあります。「就職活動はどうですか? よければもう一回見学に来ませんか?」などの内容です。

学生の方には想像がつかないかもしれませんが、採用は、とても難しい仕事です。企業側としては、力になってくれそうな人材をできるだけ確保したいと思っています。つまり、採用担当の方は、インターンシップに参加する自主性を持ち、また、新しい環境でもスムーズなコミュニケーションを発揮した人材をみすみす手放そうとはしません。

インターンシップに参加してみて、気に入った環境であれば、そのままスカウトされてしまうのも立派な戦略です。

インターンシップは、参加してみると、けっこう楽しい

もちろん環境にもよりますが、ある程度ちゃんとした会社であれば、職場の人はインターンシップ生に気を遣ってくれますし、可愛がってもくれます。飲み会はもちろん奢りですし、色んな大人のウラ話を聞くことができます。また、はぶりの良い会社であれば、終電を逃しても数万円のタクシーチケットを気前良くくれたり、夜の店なんかにも連れて行ってくれる話も耳にします。これは説明会などの就職活動では絶対に得られない門外不出の知識です。

早い段階で社会人の景色を見ておくと、将来に楽しみを覚えることもできますし、モチベーションにも良い影響かと思います。夏休みや春休み、やることもない学生さんは積極的にインターンシップに参加してみると良いかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。自分は学生の頃にインターンシップに参加して、そのままスムーズに就職を決めたクチです。就職後はさておき、就職活動で苦労した思い出はあまりないです。本当に参加していて良かったなと今更ながらにも思います。

就職に不安を感じている学生さんはぜひインターンシップに参加してみると良いかと思います!

今読んだ記事をシェアする

internship-thumb

インターンシップは学生にとって、就職に有利なのか。答えは「有利」。できる限り参加した方が良い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このブログサイトが参考になった人は、いいねボタン! 更新情報も受け取れます!

arrow
デル株式会社
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キヨタツ

キヨタツ

WEBを中心に、色々な制作をする個人事業主です。過去、エンジニア&webディレクターで会社勤めをしていました。効率良い仕事が大好きです。ショートカット・マクロなどの業務短縮や、タスク・スケジュールのスムーズな進行管理などに気を遣っています。そして、飲み会は最重要業務です。性格は、自虐好きです。