iPhone8の耐衝撃用! Spigenのカバーケース(米軍MIL規格取得製品)を装着してみた!

PC・機器

読了の目安時間: 313

先日、iPhone8を購入して、本体を衝撃から保護する、Spigenのカバーケースを装着してみましたので、その手順と感想を紹介したいと思います。

結論としては、かなり使いやすく、iphone8のデザイン性も損なわないので、個人的にはオススメです!

Spigen iPhone8用カバーケースの装着方法

まずはケースを開封!

届いたのが、こちら。箱に記載があるように、iPhone8に限らず、iPhone7にも対応しています。

iPhone8 耐衝撃ケース MIL規格 spigen

開封すると、中にはナイロン袋に包まれたハイブリッドケースが一つ、ポンッと入ってます。iPhone8本体の色をスペースグレイにしたので、ケースの色も併せてブラックにしました。

iPhone8 耐衝撃ケース MIL規格 spigen

包みを取ると、透明な背面パネル部に保護用のシールが貼ってあるので、「Remove Protection Film」と記された部分を剥がしていきます。(カドのほうから取っていくとスムーズです。)

iPhone8 耐衝撃ケース MIL規格 spigen

表面と裏面の保護用シールをはがすと、ポリカーボネート素材のクリアな背面パネルが確認できます。米軍MIL規格を取得しており、とても軽量ながら、かなり丈夫な造りになっているようです。

iPhone8 耐衝撃ケース MIL規格 spigen

iPhone8本体にケースを装着!

カドの部分からiPhone8本体をケースにはめこんでいきます。

iPhone8 耐衝撃ケース MIL規格 spigen

ちょっと力を入れるとスッポリと納まってくれます。

iPhone8 耐衝撃ケース MIL規格 spigen

なお、iPhone8本体をケースに入れる際、ブロアーがあると、突然のホコリなども空気で除去できるので、けっこう便利です。

ブロアー ほこり除去

ケース装着後のデザイン

Spigenのカバーケース外側バンパー部分はTPU素材になっており、滑りにくく、とても持ちやすいです。まだ使って数日ですが、とくに不都合もないです。(長期間使ってみて、もしも不都合あれば本記事に追記します。)

iPhone8 耐衝撃ケース MIL規格 spigen

クリアな背面パネルのおかげで、appleの素敵なロゴが隠れる心配もありません。

iPhone8 耐衝撃ケース MIL規格 spigen

端子部とボタン部の様子

こちらは充電部分。とくに違和感なくケーブルを刺し込むことができます。

iPhone8 耐衝撃ケース MIL規格 spigen

本体左側のボタン部。とくに不都合はないです。

iPhone8 耐衝撃ケース MIL規格 spigen

本体右側の電源ボタン部。こちらも押しやすいです。SIMトレイの部分は隠れてしまいますが、普段は開けることがないし、そもそも開けない方が良いものですので、むしろ隠れてOKかと思います。

iPhone8 耐衝撃ケース MIL規格 spigen

ケースと併用してガラスフィルムを貼ることも可能!

じつは先ほどまでの写真、よくよく見るとわかりますが、液晶画面部分にガラスフィルムをすでに貼っている本体となっています。

詳しくは下記に書いておりますので、参考にしてみてください。

iPhone8の液晶保護でAdisonの強化ガラスフィルムを貼ってみた! 感想は安くて実用性OK!

まとめ

iPhone8はかなりの高級品です。

買ってすぐに落としたりすると、大変ショックなことになりますので、耐衝撃ケースなどを併用しつつ、長く愛用していきましょう!

最後に一言

本来はケースなどは公式メーカー非推奨なのですが、実行上むずかしいところですね・・・。

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

iPhone8の耐衝撃用! Spigenのカバーケース(米軍MIL規格取得製品)を装着してみた!


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

本ブログ・WebMakeBlog KIYOTATSUを運営しているYoshiと申します。普段はWEB制作をやっています。長年windowsでしたが、最近Macに惚れ始めてます。サーバー勉強に併せて、Linuxも触り始め中。パソコン自作にならって、スマホ自作の時代になることを願っています。