確定申告の後、還付金振込通知書が届いたら、完全に終わり!

雑記・豆知識

読了の目安時間: 240

確定申告をした後、源泉徴収されていたお金が戻ってくる場合、還付金振込通知書が届いて、口座振り込みがされます。

本記事では、源泉徴収が終わった際、どんな用紙が届くのか、紹介したいと思います。

確定申告の後、還付金振込通知書が届いたら、完全に終わり!

還付金振込通知書

こちらが還付金振込通知書です。確定申告の終わった後、早くて1~2週間ほどで、税務署から届きます。

国税還付金振込通知書 表紙

開封してみると、確定申告書Bに記入していた口座宛に、還付金を送ってもらえることがわかります。

国税還付金振込通知書 中身

所定の日時以降、念のため、通帳記帳をして、きちんと振込がされているかどうか、確認しておくと良いかと思います。

自分は、記帳してみたところ、しっかり振込されていました。(当たり前ですが・・・。)

源泉徴収戻しの還付金は、事業とは関係のない非課税扱いですので、事業用の口座にしてもOKですし、自分のポケットマネー口座にしても、どちらでもOKです。事業用口座にした際は、しっかり仕訳して記録しておくことも忘れずにしましょう。

還付金の仕訳

還付金の仕訳は、事業主が事業にポケットマネーを入れることになりますので、単純に事業主借とすればOKです。もし5万円が還付されたら、下記の通りに仕訳します。

日付 項目 借方 貸方
勘定科目 金額 勘定科目 金額
某日 20xx年の源泉徴収 還付金 普通預金 50,000 事業主借 50,000

まとめ

還付金が戻れば、その年の確定申告は、完全に終わりです。あとは、とくに問題でもない限りは、税務署から連絡がくることもありません。会計ソフトで次年度の準備をして、再び翌年の青色申告のために日々の経理をがんばっていきましょう。

参考までに、次年度繰り越しの方法についても記事にしましたので、気になる方はご覧ください!

▼次回記事
MFクラウドで次年度繰り越し・元入金計算をする際の具体的な手順・流れまとめ

個人事業主のことをもっと詳しく知りたい方へ!

著者がweb系の個人事業主・フリーランスを実際に一年間やってみた時の各種手続きについて、下記のページでまとめています。

記事の中では、自分の実体験に基づいて、「開業届(青色申告の届け出)⇒日々の業務・取引⇒日々の帳簿づけ⇒年末の青色確定申告」までの具体的な手順について、詳しく解説しています。これから個人事業主・フリーランスを考えている人は、ぜひ参考に!


会計ソフト「MFクラウド」なら月額無料の範囲内で確定申告まで可能!

▼MFクラウドの特徴をまとめた紹介記事はこちら
MFクラウドをweb系フリーランス・個人事業主の青色申告におススメする理由

▼実際にMFクラウドの商品を見てみたい方は・・・
MFクラウド(確定申告)の公式サイトはこちら

MFクラウド確定申告は、月額無料のプランでも、ちょっとした制限はありながらも、他の有償ソフトと同じように、確定申告の書類まで作成可能です。著者も実際に使っており、初めての方や乗り換えに、とてもおススメの会計ソフトです!

最後に一言

最初はびくびくものですが、やってみると、あっさり終わります。

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

確定申告の後、還付金振込通知書が届いたら、完全に終わり!


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

WEB制作をやっているYoshiと申します。PVは月間10万程度。面白いネタを求めて、インターネットをよく泳いでいます。テレビのバラエティも凄く好きです。ただし、渋谷のハイタッチ騒ぎなど、人様に迷惑かける系統のネタは好みません。