個人事業主の国民健康保険ってどうやって仕訳すればいいの?

ビジネス

読了の目安時間: 336

個人事業主をやっていて、戸惑う仕訳の一つが、国民健康保険です。

以下に解説します。

個人事業主の国民健康保険の仕訳

国民健康保険は経費にはできませんので、「事業主貸」の勘定科目で仕訳します。

たとえば、国民健康年金を支払うために、事業用の普通預金口座から20,000円の現金を引き出して、それを納付した時の仕訳は、下記のようになります。

日付 項目 借方 貸方
勘定科目 金額 勘定科目 金額
*/* 国民健康保険の支払 事業主貸 20,000 普通預金 20,000

国民健康保険は経費にならないけど所得控除にはなる

国民健康保険は、経費にはなりません。

しかし、確定申告の際、事業の枠とはべつに、社会保険料控除として扱われるため、「所得から差し引かれる金額」となります。

「収入 - 必要経費 - 各種控除 = 課税所得金額」
(各種控除に含まれる一つが、社会保険料控除です。)

書式「確定申告書A」の様式を見てみると、社会保険料控除の欄があり、所得から差し引かれることがわかります。

▼国税庁のHP(ページ内、申請書Aのリンク)
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/02.htm

国民健康保険は、帳簿づけしなくても良い

国民健康保険は、経費でなく、社会保険料控除として節税になりますので、必ずしも仕訳をしなくても大丈夫です。

仕訳における事業主貸の意味は、「事業主が会社からお金を引き出した」というだけのことだからです。

つまり、「国民健康保険の仕訳」というものは、厳密にはなくて、ただお金を引き出した記録になるだけのことです。

よって、ポケットマネーで支払ったなら、べつに帳簿づけをせず、確定申告の際に社会保険料控除の欄へ記入するだけでも、ルール的にはOKです。

もちろん、事業用口座のお金を引き出して使った場合は、記録の必要がありますので、気をつけてください。

国民健康保険は家族の分を合算して計上できる

確定申告において、国民健康保険の支払分を社会保険料控除にする際、自分が支払った分であれば、家族の健康保険料をまとめることができます。

たとえば子供の国民健康保険を支払っている場合は、それを控除分として親が節税できるということです。

ただし、生計を一つにしている必要がありますので、一人暮らしなどをして遠く離れてしまった子どもの国民健康保険代を控除分に含めることはできませんので、気をつけてください。

また、妻が仕事をしていて、仕事先で支払を済ませている国民健康保険代なども合算できませんので気をつけてください。

まとめ

国民健康保険の仕訳は、まあ何も考えず、「事業主貸で仕訳⇒確定申告の際にしっかり社会保険料控除で記入する」というように、ただ機械的に処理すればOKってことです!

個人事業主のことをもっと詳しく知りたい方へ!

著者がweb系の個人事業主・フリーランスを実際に一年間やってみた時の各種手続きについて、下記のページでまとめています。

記事の中では、自分の実体験に基づいて、「開業届(青色申告の届け出)⇒日々の業務・取引⇒日々の帳簿づけ⇒年末の青色確定申告」までの具体的な手順について、詳しく解説しています。これから個人事業主・フリーランスを考えている人は、ぜひ参考に!


会計ソフト「MFクラウド」なら月額無料の範囲内で確定申告まで可能!

▼MFクラウドの特徴をまとめた紹介記事はこちら
MFクラウドをweb系フリーランス・個人事業主の青色申告におススメする理由

▼実際にMFクラウドの商品を見てみたい方は・・・
MFクラウド(確定申告)の公式サイトはこちら

MFクラウド確定申告は、月額無料のプランでも、ちょっとした制限はありながらも、他の有償ソフトと同じように、確定申告の書類まで作成可能です。著者も実際に使っており、初めての方や乗り換えに、とてもおススメの会計ソフトです!

最後に一言

家族分をまとめられるところがポイントです!

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

個人事業主の国民健康保険ってどうやって仕訳すればいいの?


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

本ブログ・WebMakeBlog KIYOTATSUを運営しているYoshiと申します。PVは月間10万程度です。普段はWEB制作をやっています。効率良い仕事が大好きです。ショートカット・マクロなどの業務短縮や、タスク・スケジュールのスムーズな進行管理などに気を遣っています。