キーボード配列をA4用紙にプリント印刷できるpdf(ai)データをタイピング練習用に作ってみた!

PC・機器

読了の目安時間: 310

パソコンのブラインドタッチをしっかり覚えるため、キーボード配置をプリントアウトできるpdfデータ(aiデータ)を作ってみました。(インターネットを漁っていたところ、あんまり良いものがなかったので自作してみました。)

これからタイピング練習をしてみたいと思っている方は、ぜひ参考に使ってみてください!(イラストレーターを持っている人だけになりますが、カスタマイズ用にaiデータも公開しています。)

キーボード配置のプリントアウト用データ!

今回作成したものは、日本語のwindowsキーボード配置になります。印刷しやすいよう、色や解説などはナシで、シンプルにグレートーンだけの構成にしました。

自分が持っているキーボードのキー配置そのままに作っていますので、人によっては、多少異なるかもしれません。また、macユーザーの方や、海外タイプのキーボードは作っていないので、申し訳ないです。

A4サイズ用の印刷データ

下記のURLのpdfをダウンロードすると、A4サイズの用紙にそのまま印刷できます。ぜひ練習用に役立ててください。

▼A4サイズ用のキーボード配置pdfデータ
http://kiyotatsu.com/wp-kiyotatsu/wp-content/uploads/2018/01/keyboard_print_for_A4.pdf

※ブラウザ上で印刷すると、環境次第で変な風に印刷されるかもしれません。ダウンロードして、ローカル上でAdobeなどpdfビュワーから印刷してください。

もちろん無料利用可!

データを見ると、©というマークがあります。ただ、これはデザイン的な気分でつけてみたもので、べつに私用・商用どちらも当然ながら無料ですので、好きに使ってください。(もしご利用頂ける方は、本ページ下部のいいね!ボタンなど押してもらえると幸いです。)

壁に貼って覚えていく!

ブラインドタッチを習得するためには、ホームポジションによるタイピング方法を習得しながら、キーボード配置を覚えていくことが重要です。

練習法の一つとして、印刷した用紙をパソコンモニターの上などに貼る方法があります。キーの位置が分からない時は、手元を見るのではなく、壁に貼った用紙を見ることで、習得を促すというものです。

なお、壁に貼る際は、水に濡らせばすぐに剥がせる、ニトムズのはがせる両面テープを使うと、どんな壁にも汚れることなく貼れるので、とても便利です。

自分で印刷内容をカスタマイズしたい人へ

本データはイラストレーターで作成しているので、自分のキーボード用にカスタマイズしたい方は、aiデータを好きにいじってもらえればと思います。

▼カスタマイズ用のaiデータ
http://kiyotatsu.com/wp-kiyotatsu/wp-content/uploads/2018/01/keyboard_print.zip

※zipにしているので、ローカル上で解凍して使ってください。

CS5.0で作成しているので、もしかしたらバージョン違うと、ヘンなことになっているかもしれませんが、うまく調整してもらえればと思います。

なお、イラストレーターはベクターデータですので、印刷サイズもお手軽に調整可能です。データの中身すべてを選択して、マウスでバッと引き延ばすだけで、A4サイズでなく、A3サイズに拡大したり、もっと縮小して使ったりすることもできます。

イラストレーターを持っていない方は・・・Adobe CCに加入しましょう!

最後に一言

完全なるブラインドタッチができる人には本当に憧れる。

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

キーボード配列をA4用紙にプリント印刷できるpdf(ai)データをタイピング練習用に作ってみた!


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

本ブログ・WebMakeBlog KIYOTATSUを運営しているYoshiと申します。普段はWEB制作をやっています。長年windowsでしたが、最近Macに惚れ始めてます。サーバー勉強に併せて、Linuxも触り始め中。パソコン自作にならって、スマホ自作の時代になることを願っています。