きのこの山で、福きのこの「大笑い、中笑い、小笑い」を揃えてみた

グルメ

※本記事は作成日より一年以上が経過しています。最新の情報ではないので、ご注意ください。

読了の目安時間: 12

きのこの山40周年記念で、福きのこ入りパッケージが販売!

そういうわけで、さっそく「大笑い、中笑い、小笑い」をコンプリートしてみました。
kinoko1

なんだか可愛らしくて食べるのがもったいなく感じます。まるで自分がウォールマリアに現れた巨人のような印象・・・
kinoko2

ちなみに福きのこ。けっこうレアで見つかりにくいです。いったい、どれくらいの確率で入っているのだろう。「大笑い、中笑い、小笑い」をコンプリートするのは至難のワザなのですが、じつは今回、通常パッケージで揃えたわけではありません。

タネを明かすと、懸賞の当たった人限定のパッケージがあったのですね。まさかのオール福きのこ!
kinoko3

一点、残念だったのは、送付される過程で、いくらかの福きのこちゃんたちが、見るも無残な姿に半壊していたこと。まあ、どのみち胃袋の中で無惨どころか、残骸の欠片も失せるほどに消化されてしまう運命なので問題はありませんが。かわいそうに・・・!

しかし「福きのこ」なんてやられてしまうと、タケノコ派はじつに不利ですね。なにしろタケノコは顔イラストを書く場所がない・・・! サービス精神の面で、負け気味かもしれません。何とかしてあげて欲しいです。タケノコにはぜひとも頑張ってほしいと思います。

以上、過去最大級に中身のない記事でした!

最後に一言

金のエンゼルを一度でいいから当ててみたい

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

きのこの山で、福きのこの「大笑い、中笑い、小笑い」を揃えてみた


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

本ブログ・WebMakeBlog KIYOTATSUを運営しているYoshiと申します。PVは月間10万程度です。普段はWEB制作をやっています。好き嫌いがなく、なんでも食べます。中でも無類の麺好きで、よくラーメン・つけ麺を食べ歩いています。