南武線沿いの温泉施設、「溝口温泉・喜楽里(きらり)」へ行ってみた!

お出かけ

読了の目安時間: 136

先日、南武線沿いで温泉施設を探していたところ、人気の高そうな「溝口温泉・喜楽里(きらり)」さんへ行ってみました!

南武線沿いの温泉施設、「溝口温泉・喜楽里(きらり)」へ行ってみた

kirari_1

引用元:http://www.yurakirari.com/kirari-net/mizonokuchi_img/top_img/main_v_04.jpg

アクセス

喜楽里(きらり)さんは武蔵新城の南、武蔵中原の西に位置していて、駅から歩くには少し遠い隠れ家的な温泉です。バスを使っても良いのですが、駐車場は190台ですので、車で行くのがベストかと思います。

金額

自分は週末・土日料金で、「970円」でした。フェイスタオル「70円」とバスタオル「130円」で、合計1,170円。タオルセットは持参しても良いので、携行したほうがオトクです。

館内の様子

休憩施設とお食事処、温泉・岩盤浴、エステ・ケアなど、温泉施設に必要な要素が一式、充実しています。たまの休日、温泉でリーズナブルな価格でくつろぎたい時、とてもオススメな場所です。

「溝口温泉・喜楽里(きらり)」さんは、他の地域にもたくさん温泉施設を持つ「湯楽の郷・喜楽里」さんの系列店ですので、安定したサービスを受けられます!

風呂の様子

室内風呂と露天風呂ともに快適です。そのため、やはり週末は混雑してしまいます。自分は夜の8時~10時くらいに伺ったのですが、浴槽が広くても浸かる人で一杯になる感じです。10時くらいになると人も減ってきていたので、混雑を避けるなら、深夜帯に行くか、平日に切り替えると良さそうです。

まとめ

南武線沿いで、リーズナブルな価格で、露天風呂に浸かって疲れを取りたい。そんな時におススメの温泉施設です。 ただし、ちょっと混雑することは覚悟しておいたほうが良いです!

最後に一言

ふうー。

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

南武線沿いの温泉施設、「溝口温泉・喜楽里(きらり)」へ行ってみた!


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

WEB制作をやっているYoshiと申します。PVは月間10万程度。休日のストレス解消法は、ドライブ/観光/フットサル/ゴルフ/サッカー観戦/カフェ/競艇/スパ/温泉/酒など。順調にオッサン化が進行しているようです・・・。