ムビチケの買い方と使い方を初心者向けに分かりやすくまとめてみた!

雑記・豆知識

読了の目安時間: 330

今更ですが、最近になってムビチケを利用するようになったので、自分用にまとめ記事を作ってみました。

これからムビチケを初めて使ってみようかなと考えている方の参考になれば幸いです。

ムビチケの買い方と使い方を初心者向けに分かりやすくまとめてみた!

ムビチケとは

ムビチケとは、ざっくりいうと、昔で言うところの前売券みたいなものです。

価格は通常1,400円。(3Dなどは別金額。もちろん割引はされます。)

販売時期は、映画の公開前までとなっています。(映画公開開始後は購入できません。)

購入する際は、従来の前売券のように店頭で買うこともできますが、インターネットで購入することもできます。自宅で購入することができますので、前売券に比べると、とても便利になったかと思います。

ただし、ムビチケを買う際は、店頭で買えば「ムビチケカード」がもらえますが、インターネットで購入する場合は「ムビチケカード」がもらえませんので気をつけましょう。

ムビチケカードとは

ムビチケカードは、表面に作品のメインビジュアルが印刷されており、裏面に「ムビチケ購入番号・ムビチケ暗証番号」が印刷されているカードになっています。

以前の前売券のように映画の絵が残った半券を記念に取っておきたい人向けのサービスとなっています。

最近のアニメ関連などコレクターの多い作品では、ムビチケカードの種類を増やすという商法もあるようです。

ムビチケをインターネット購入する時の一連の流れ

ムビチケカード不要で、インターネットから手配する場合の流れは下記の通り。

1.ムビチケ公式サイトでムビチケを購入する

2.ムビチケに対応した鑑賞予定劇場のHPにて自分の好きなタイミングで日時座席指定を予約 or ムビチケに対応した劇場に行って座席指定を予約

3.上映当日、現地にてチケット発券をする

CHECK!!
ムビチケを買うだけでは映画は観れないので、ムビチケを買った後、しっかり座席予約することを忘れないようにしてください!

ムビチケをカードつきで店頭購入する時の一連の流れ

ムビチケカードが欲しい時は下記の流れで購入します。

1.劇場へ行ってムビチケカードを購入する

2.ムビチケに対応した鑑賞予定劇場のHPにて、自分の好きなタイミングで日時座席指定を予約する or ムビチケに対応した劇場に行って座席指定を予約

3.上映当日、現地にてチケット発券をする

ムビチケカードには【全国券】と【劇場券】の2種類があるので、購入の際は気をつけましょう。【全国券】を買っておいたほぅが汎用性は高そうです。

支払い方法は5種類!

ムビチケ購入の支払いでは、5通りの方法があります。

・クレジットカード
・ムビチケGIFT
・dケータイ払い+
・au かんたん決済
・WebMoney

ムビチケは作品の上映開始後は購入できない!

ムビチケは、いわゆる前売券ですので、作品の上映開始後は原則、購入できません。ムビチケカードの有無に関わらず、ムビチケを購入するためには映画上映前でいけないというわけです。

ただ、オークションや金券ショップを使えば入手することは可能です。

また、ヤフオクなどのオークションサイトでは、「使用済のムビチケカード」が、けっこう出品されています。映画のチラシみたいな感じで記念品として取引されているようです。

ムビチケを買っておけば映画の上映期間中、座席予約はいつでもOK!

事前にムビチケを買っておけば、対象となる映画作品の上映期間中は、いつでも座席予約ができます。

ですので、「この作品は絶対に観に行く!」というものがあれば、ひとまずムビチケを購入しておけば、自分の好きなタイミングで、ちょっと割引した価格で鑑賞することができます。

ちょうど映画のサービスデーに観に行ければ良いのですが、スケジュールが変動しやすい人はムビチケを買っておくと、臨機応変に対応ができます。

まとめ

映画サービスデーを利用できれば、それが一番安いのですが、スケジュールを広く考えて、臨機応変に対応できるようにしたい時は、やはり前売券・ムビチケが重宝します。

観たい映画があれば、ひとまずムビチケを買っておくとオトクですので、ぜひ利用してみてください!

最後に一言

便利な世の中です。

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

ムビチケの買い方と使い方を初心者向けに分かりやすくまとめてみた!


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

本ブログ・WebMakeBlog KIYOTATSUを運営しているYoshiと申します。普段はWEB制作をやっています。面白いネタを求めて、インターネットをよく泳いでいます。テレビのバラエティも凄く好きです。ただし、渋谷のハイタッチ騒ぎなど、人様に迷惑かける系統のネタは好みません。