eula.1028.txtやexeなど、windowsのC直下ディレクトリに謎ファイルがあった時の対処法

PC・機器

※本記事は作成日より一年以上が経過しています。最新の情報ではないので、ご注意ください。

読了の目安時間: 151

たまにはフォルダ掃除でもしようと思って、Cドライブを開いてみたら、下記の謎ファイル24個が保存されていました。

vc-err

謎データ一覧

  • install.exe
  • install.res.1028.dll
  • install.res.1031.dll
  • install.res.1033.dll
  • install.res.1036.dll
  • install.res.1040.dll
  • install.res.1041.dll
  • install.res.1042.dll
  • install.res.2052.dll
  • install.res.3082.dll
  • vcredist.bmp
  • globdata.ini
  • install.ini
  • eula.1028.txt
  • eula.1031.txt
  • eula.1033.txt
  • eula.1036.txt
  • eula.1040.txt
  • eula.1041.txt
  • eula.1042.txt
  • eula.2052.txt
  • eula.3082.txt
  • VC_RED.MSI
  • VC_RED.cab

install.exeとあるので、なにかしらのインストールファイル一式の保存先を誤ってCドライブ直下に指定して展開してしまった様子。でも、そんなインストール関連のアプリをダウンロードした覚えがないんですが・・・。更新日時は「2007年11月7日」って、いつのデータだよ・・・。

調べた結果、どうもVisual C++ 2008のインストール時のエラーにより発生するものらしい。Microsoftの公式サイトで「These files are unnecessary and can be safely deleted from the system. 」とあり、まとめて削除してしまってOKのようです。

とくに被害が生じるわけではないのですが、Cドライブ直下にゴミデータがあるのは、パソコン好きな人にはイライラすること間違いないので、削除安定だと思います。

・・・しかし、いつVisual C関連のダウンロードをしたのかは、依然として謎のままです。ふーむ。なんかしらのツールをダウンロードした時に一緒になって拾ってしまったのだろうか。

最後に一言

謎の実行ファイルって、響きが怖すぎるのです。

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

eula.1028.txtやexeなど、windowsのC直下ディレクトリに謎ファイルがあった時の対処法


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

WEB制作をやっているYoshiと申します。PVは月間10万程度。長年windowsでしたが、最近Macに惚れ始めてます。サーバー勉強に併せて、Linuxも触り始め中。パソコン自作にならって、スマホ自作の時代になることを願っています。