年度をまたぐ売上・売掛金ってどうやって仕訳すればいいの?

ビジネス

読了の目安時間: 254

個人事業主をやっていて、戸惑う仕訳の一つが、年度をまたいだ売上・売掛金の仕訳です。

下記にまとめていきたいと思います。

年度をまたぐ売上・売掛金ってどうやって仕訳すればいいの?

年度をまたぐとは、どんな状況?

売上・売掛金といった「掛」の仕訳をしていると、当たり前ですが、年度をまたぐ場合があります。

年度をまたぐというのは、たとえば12月に契約して、納品が1月になり、2月に振込がされるような状況のことをいいます

年度をまたいだら、どう仕訳すればいい?

どうすればよいかというと、結論は、そのまま事実ベースに仕訳すればOKです。

すなわち、12月に売上・売掛金を計上して、2月に振込されたように仕訳をすればOKです。。

日付 項目 借方 貸方
勘定科目 金額 勘定科目 金額
12/10 業者Aの案件 売掛金 108,000 売上 108,000
2/15 業者Aの案件 入金 普通預金 97,790 売掛金 97,790
2/15 業者Aの案件 源泉徴収分 事業主貸 10,210 売掛金 10,210

ポイントは、売掛金は未回収のままでも年度をまたいでOK、ということです。また、当然ですが、この案件の源泉徴収分は翌年度の扱いになるということになります。

年度またぎの案件には注意が必要・・・

年度をまたぐ案件は、トラブルが起きると、ちょっと面倒になります。

というのも、たとえば年度をまたいだ案件が揉めてしまい、最悪、キャンセルとなったとします。

その場合、売掛金は貸倒損失となるのですが、貸倒の仕訳は条件があったりして、ちょっと仕訳が面倒になってしまうのです。

そのため、ちょっとグレーな発想ですが、年末間際の案件などは、年始に契約してもOKなのだとすれば、日にちを少し調整したほうが良いかもしれません。

自分はまだ上記のような例に陥ったことがないので、なんともいえないのですが、キチンと知りたい方は、税理士さんに相談したほうが良いかと思います。

まとめ

年度またぎの売上・売掛金の仕訳は普通にやってOKですが、貸し倒れということにならないよう、十分に気をつけて業務に臨みましょう。

困ったら、税理士さんに相談することが一番です。

個人事業主のことをもっと詳しく知りたい方へ!

著者がweb系の個人事業主・フリーランスを実際に一年間やってみた時の各種手続きについて、下記のページでまとめています。

記事の中では、自分の実体験に基づいて、「開業届(青色申告の届け出)⇒日々の業務・取引⇒日々の帳簿づけ⇒年末の青色確定申告」までの具体的な手順について、詳しく解説しています。これから個人事業主・フリーランスを考えている人は、ぜひ参考に!


会計ソフト「MFクラウド」なら月額無料の範囲内で確定申告まで可能!

▼MFクラウドの特徴をまとめた紹介記事はこちら
MFクラウドをweb系フリーランス・個人事業主の青色申告におススメする理由

▼実際にMFクラウドの商品を見てみたい方は・・・
MFクラウド(確定申告)の公式サイトはこちら

MFクラウド確定申告は、月額無料のプランでも、ちょっとした制限はありながらも、他の有償ソフトと同じように、確定申告の書類まで作成可能です。著者も実際に使っており、初めての方や乗り換えに、とてもおススメの会計ソフトです!

最後に一言

揉めないことがベストなのですが、人類みな平和だったら、法律家も警察もいらないわけで・・・。悲しいけど、備えは必要なんですね。

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

年度をまたぐ売上・売掛金ってどうやって仕訳すればいいの?


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

本ブログ・WebMakeBlog KIYOTATSUを運営しているYoshiと申します。普段はWEB制作をやっています。効率良い仕事が大好きです。ショートカット・マクロなどの業務短縮や、タスク・スケジュールのスムーズな進行管理などに気を遣っています。