圧倒される3D表現!360°自由に見回せるパノラマ動画投稿サイト「ハコスコ」が面白い!

雑記・マメ知識

※本記事は作成日より一年以上が経過しています。最新の情報ではないので、ご注意ください。

読了の目安時間: 229

ネットサーフィンをしていたら、ハコスコというウェブサイトを見つけました。これは360°自由に見回せるパノラマ動画を投稿・閲覧して楽しめるwebサービスになっています。

VR動画は、ただの3D映像ではなく、マウスでドラッグすることで、映像をぐりんぐりんとブン回せて、細かいところまで見たりできます。

百聞は一見に如かず。さっそく360°動画を見てみる

初音ミクのライブ映像

1:36以降が必見です。まるでテーマパークのアトラクションに参加しているような高揚感・臨場感です。

ダイハツの車試乗バーチャル映像

実際に乗車した時の雰囲気をバーチャル体験できるコンテンツ。パノラマならでは、です。ただ、運転手の顔が闇に包まれていて、とても怖い・・・!

まさかのラーメン二郎までもがパノラマ投稿!

なんとラーメン二郎を食べる様子までもが360°で見渡せます。

windsのライブ映像

ライブ映像をパノラマ動画で配信したら派手派手しくて、見どころもたくさんあって面白いだろうな、と考えていたら、すでに実施されていました。こちらは限定配信コンテンツなので、暗証コードを知っている人だけ見られるようです。
https://store.hacosco.com/users/winds/movies

・・・そして驚きだったのが、windsってまだ活動していたのですね。(ファンの方、すみません。。。)

パノラマ動画の撮影方法

パノラマ動画は、天球カメラで撮影することで作成可能です。

▼詳しい使い方
http://gigazine.net/news/20130920-ricoh-theta/

VR動画専用の視聴アイテム「オキュリスリフト」

VRヘッドセットを使って視聴することで、とても臨場感あふれる視聴が可能になります。中でも大きい期待がかかっているアイテムが「オキュリスリフト」です。日本では1月7日午前1時に製品版が販売開始されます。

▼公式サイト
https://www.oculus.com/ja/

個人的に思うVR動画コンテンツのデメリットは「肖像権」

上記の二郎動画を見てもそうなのですが、天球カメラで撮影した動画では肖像権の意識が恐ろしく低下します。今はVR関連の機器のお値段が高めなので、あまり目立った事件は起きなさそうですが、次第に普及していくと、周囲のことを考えない馬鹿な使い方をする人が現れてきそうで、危険だなと感じます。

まとめ

VRコンテンツ、とても面白いです。ウェブサイトコンテンツとして導入しているサイトもちらほらあり、プロモーションサイトなんかではとても有用性のあるコンテンツになりそうだなと感じました。

・・・そっちも制作しようとするのであれば、天球カメラ撮影と動画編集も覚えなくてはいけないのですね。うーん。web業界の技術の進歩は本当に速くてびっくりします。

最後に一言

絶対に、VRのエロコンテンツ出るよね。

今読んだ記事をシェアする

圧倒される3D表現!360°自由に見回せるパノラマ動画投稿サイト「ハコスコ」が面白い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

本ブログを気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

arrow