ナンバーズ4を当てるため、今まで確率的に収束しているのか、1000回分のサンプルで調べてみた。

マメ知識

※本記事は作成日より一年以上が経過しています。最新の情報ではないので、ご注意ください。

読了の目安時間: 110

ナンバーズ4の統計を調べてみる

ナンバーズの過去の当たりデータは公式サイトで確認できます。

http://www.takarakujinet.co.jp/numbers4/index2.html

第一回目~第千回目のデータを集める

デベロッパーツールでソース吸って、sublimeで一括操作すればすぐですね。

グラフにしてみる

すみません、超適当なデザインのグラフ作りました。

1~1000

横軸が、ナンバーズの試行回数。縦軸が当たり番号を示すものです。黄色い細い線が、平均を示すものです。たった千回分のサンプルですが、かなり平らになってるのが分かります。

ざっと見た感じ、2000~7000くらいの当たり番号が少し多めに出ているようです。ただ偏りは本当に少ないです。つまり、不正はない様子。本当に機械的なランダムで抽選していそうです。

ナンバーズ4は過去のデータと比較して買えば当てやすくなる様子

統計的に平たくなるので、すべての番号の回数を調べておき、当たりの少ないモノを買い続けると、当たりやすくなりそうです。

もっと厳密に調べると、当たりの候補番号を結構割り出せそうですが、不毛なのでやりません。結局、投資金額考えていくとジリ貧なのは確か。

まとめ

いかがでしたでしょうか。セット購入している人は、ここ最近の過去の当たり番号を潰すだけでも当たる確率は増えそうです。一口200円ですので息抜きに試してみてください。

最後に一言

ギャンブルは自己責任!

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

ナンバーズ4を当てるため、今まで確率的に収束しているのか、1000回分のサンプルで調べてみた。


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

WEB制作をやっているYoshiと申します。PVは月間10万程度。面白いネタを求めて、インターネットをよく泳いでいます。テレビのバラエティも凄く好きです。ただし、渋谷のハイタッチ騒ぎなど、人様に迷惑かける系統のネタは好みません。