【2016年】Microsoftの正規品Officeソフトを安く買う方法まとめ!

ビジネス

読了の目安時間: 629

オフィスソフト、とても便利なのですが、いざ自分用に購入しようとすると、結構お値段張って、ためらってしまいます。

そして厄介なのが、「オフィスソフト 安い」などでGoogle検索すると、海賊版だったりOEM版だったりの非正規な激安商品で溢れている始末・・・。(しかも違反ソフトにも関わらず、Adwordsなどで広告を打って、大々的に販売している悪質っぷりです。)

本記事では、ちゃんと正規のオフィスソフトのパッケージを安く購入する方法を紹介したいと思います!

Microsoftの正規品Officeソフトを安く買う方法!

オフィスソフトを最も安く購入する方法は「Amazonのセール中!」

色々と見比べたのですが、Amazonのセール時が、最も安いように思います。自分がMicrosoft Office2016を購入した時は、セールに加えて、クーポンセールも重複していましたので、両方を使って、割引価格から13%オフの29,719円でダウンロード版を購入することができました。自分は、少し急ぎで欲しかったので妥協しましたが、時期が良ければ、もっと割引率をかませられて、20%オフ近くにすることもできるようです。小まめにチェックしておくと良さそうです。ただし、セールは不定期に開催されますので、いつでも安く買えるわけではなく、急ぎで欲しい時には難しくなってしまいますので気をつけてください。

▼Microsoft Office2016購入時の画面。
office1

▼Microsoft Office2016の明細
office2

注意点としては、クーポンコードを使用する場合は、購入前画面でしっかり「利用する」をチェックしておくか、購入画面でクーポンコードをちゃんと入力する必要があります。

▼クーポンコードの画面
office3
※本コードは、キャンペーン当時のものですので、これから購入する方はきちんと自分でご確認ください。

ダウンロード版のインストールはイメージファイルをダウンロードしてから!
Microsoft Officeのダウンロード版は、インターネット上のMicrosoft社ウェブサイトから直接インストールすることもできます。しかし、回線が不安定だったり、予期せぬことが起きると、通信が長引いたり、中断されたり、失敗したりする可能性があります。いったん、イメージファイルをローカル上にダウンロードして、それからインストールしたほうが、後でやり直しもスムーズですので、おススメです。(イメージファイルをダウンロードしておけば、そのデータを外部メディアに保存しておくこともできますし、2台目にインストールする際もお手軽です。)

バリューコマースのセルフバックで、いつでも10%オフの購入ができる!

こちらはAmazonのセールよりは割引率が下がりますが、アフィリエイトサイトのバリューコマースに登録して、Microsoft社とアフィリエイト提携することで、いつでも10%オフのセルフバック購入ができるようになります。

購入先はMicrosoft社から直接となりますので、Microsoft社でセールをやっている場合は、バリューコマースと併せて重複した割引をすることができます。自分がAmazonで購入した時は、こちらの方法だと30,500円程度で購入できました。

▼Microsoft 公式サイト

この方法はいつでも割引を受けられるメリットがあるのですが、しかし、アフィリエイト提携ができる自分用のウェブサイトを持っている人だけの方法になります。ブログだったり、自分のウェブサイトを持っている人だけの割引方法です。(オフィスを買うためだけにウェブサイトを作るのはちょっと手間過ぎますので、オススメしません。)

ちなみにバリューコマースが登録無料で、とくにお金もかかりませんので、自分のウェブサイトをお持ちの方は、ぜひ参考にしてみてください。

学生の方はアカデミック版を買っておく!

正直、アカデミック版が最も安いです。学生のうちに買っておけば、その後も使い続けることはルール違反ではないようですので、大学生の方などは購入しておいたほうがオトクかもしれません。

あと、大きな声では言えませんが、家族などにお願いしてアカデミック版を購入してもらい、それを他の家族が使うということもグレーラインですが、やれるようです。自分としてはまったくの非推奨ですが、世の中には結構、そういう人もいるようです。ただ、趣味程度の使用ならまあ・・・とは思いますが、業務で使うような場合、きちんと正規品を購入するべきなのは言うまでもありません。

ちなみに現状、office2016のアカデミック版はネットでは購入できず、電気屋さんの実店舗に行き、POSAカードによって購入するしかないようです。office2013までのアカデミック版はネット上で購入できます。

ちなみにアカデミック版を購入できるユーザーは結構限られてますので、しっかり確認したほうがいいです。ちなみに塾とか、パソコン教室とかの民間組織はアカデミック対象になりませんので、注意です。

▼アカデミック版の購入可能ユーザー定義一覧
https://www.microsoft.com/ja-jp/education/license/academic.aspx

パッケージ版を購入せず、クラウドの「Office365」にする!

そもそもパッケージ版を購入するから高く感じるのであって、クラウドの「Office365」にしておけば、月額1000円~2000円程度のコストで済みます。しかも、一年契約にすれば、2か月分程度の割引も受けられて、安上がりです。

さらに、Microsoft Office 365 Soloの契約をすれば、その契約を交わしたMicrosoftアカウントに紐づけて、オフィスソフトの利用に加えて、「1TBのオンラインストレージ(OneDrive)」と「Skype から固定電話および携帯電話への通話が毎月60分無料」という特典を受けることができます。ストレージに困っている人には、1TBのクラウドサービスはとても嬉しいサービスだと思います。

Microsoft Office 365 Soloには一ヵ月間の無料体験もありますので、ぜひ参考にしてみてください。
Office 365 Solo

オフィスソフトを単品で持っておくメリット

ずばり、パソコン買い替えで悩まなくて良いことだと思います。オフィスソフトの最新版を3万円程度で購入できれば、以降、5~8年くらいは使い回せます。つまり、その間はパソコン買い替えにおいて、オフィスソフトのことを気にせず買えるということです。もしパソコンを2回以上も買い替えるようであれば、間違いなく単品のオフィスソフトを持っておいた方が節約になります。

海賊版やOEM版には手を出さないように!

ヤフオクや謎のショップなどで、数千円とか1万円ちょっとくらいで売っているオフィスソフトのほとんどが海賊版orOEM版です。これらは非正規であり、購入することは違法になりますので、絶対に手を出さないようにしましょう。

OEM版とは、一台の決められたパソコンにのみ適用できるオフィスソフトです。たとえ使用者が同じ自分であっても、他のパソコンで使うことはダメです。ましてやOEM版のソフトの販売は禁止されていますので、絶対に売買しないように!

まとめ

いかがでしたでしょうか。自分は月額制度があまり好きではない+ストレージに困っていないのでダウンロード版のパッケージを購入しましたが、コスパで考えればMicrosoft Office 365 Soloのほうがオトクだと思います。ぜひ、自分に合う方法で安く購入してもらえればと思います!

キヨタツ
キヨタツの一言

Office、ちょっぴしお高いけど、やっぱり便利なんですよね・・・。

今読んだ記事をシェアする

office-thumb

【2016年】Microsoftの正規品Officeソフトを安く買う方法まとめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このブログサイトが参考になった人は、いいねボタン! 更新情報も受け取れます!

arrow
デル株式会社
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キヨタツ

キヨタツ

WEBを中心に、色々な制作をする個人事業主です。過去、エンジニア&webディレクターで会社勤めをしていました。効率良い仕事が大好きです。ショートカット・マクロなどの業務短縮や、タスク・スケジュールのスムーズな進行管理などに気を遣っています。そして、飲み会は最重要業務です。性格は、自虐好きです。