壊れたパソコンのHDDを取り外して、USB接続でカンタンにデータを抽出する方法

PC・機器

※本記事は作成日より一年以上が経過しています。最新の情報ではないので、ご注意ください。

読了の目安時間: 118

モニターが真っ暗! パソコンが急に起動しない! 電源が入らない! なんで!?

・・・くそ。せめてデータだけでも取り出したい。

そんな時は、壊れたパソコンからハードディスクだけを取り出して、変換アダプターを使い、他のパソコンにUSB接続してデータを抜き取ればOKです。専用の変換機材があれば簡単にパソコンのデータを抽出できます。

壊れたパソコンのHDDを取り外してカンタンにデータを抽出する方法

HDDをUSBで接続するための変換アダプタを準備する

内蔵ハードディスクドライブを抜き取って変換アダプターでUSB接続する

筐体から、HDDを抜き取り、変換アダプターを接続します。

hdd1

そして、通常通りに動くパソコンにUSB接続すれば、通常の外部HDDのようにデータの移動が可能となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。じつはこの作業、とてもカンタンなのに、お店に頼むと5,000~10,000円くらい請求されてしまう作業になっています。いざという時のため、変換アダプターは一台くらい持っておくと、かなり節約になるのでおススメです。

最後に一言

パソコンが壊れてもHDDは無事なことが多いです。焦らず対応しましょう。

今読んだ記事をシェアする

壊れたパソコンのHDDを取り外して、USB接続でカンタンにデータを抽出する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

本ブログを気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

arrow