フィリップスの髭剃り(回転式シェーバー)の製品・特徴まとめ!

生活

読了の目安時間: 315

先日、Philips(フィリップス)の髭剃りを見て、とても魅力的でしたので、自分用も含めて、カンタンにまとめ記事を作成してみました。これから購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください!

フィリップスのシェーバーの特徴は回転式!

回転式シェーバー

髭剃りには、大きく分けて往復式と回転式の種類がありますが、フィリップスのシェーバーはほとんど回転式がメインとなります。

往復式と回転式の違い

往復式は、口ヒゲや顎ヒゲのように鼻から下にかけての直線的に生えている、びっしりと濃いヒゲを剃るのに適しています。対して、回転式は、鼻下からほほ、顎裏からモミアゲといったように、顔の輪郭全体を剃るのに適しています。

往復式は日本人向け、回転式は外人向けと言われることもしばしばあるそうです。(日本人は口周りに濃い髭が生えやすく、外人さんは顔全体に髭が生えやすいため。)

フィリップスの髭剃りが向く人

髭 イメージ画像

薄い髭の人はまだ不要だと思いますが、髭の生える面積が増えてきた人や、段々と濃くなってきた人に、おススメです。やはり朝の時短を図るためにも、良いシェーバーは大事です。

そして、なによりのポイントは、フィリップスのシェーバーは実用性はもちろんのこと、デザインがとてもカッコイイというところでしょう。社会人になって一人暮らしを始めたら、ぜひとも洗面台に置いておきたい一品です。

フィリップスのシェーバーラインナップ!

フィリップスの回転式シェーバーは、大きく分けて、9000シリーズ、7000シリーズ、5000シリーズに分かれます。それぞれの特徴は下記の通り。

完璧を求めた9000シリーズ

肌へのダメージを極力抑えつつ、同時に深剃りもしっかり実現しているのが、9000シリーズです。フィリップスの中でも最高級モデルだけあって、やはりお値段は2~4万円程度で高額です。ただ、なんといっても最高品質なので、肌へのダメージを抑えつつ、しっかり深剃りもしたいって方におススメの一品です。

★最高級モデルS9731/33 (約3.9万円)


商品ページはこちら

★高給モデルS9551/12 (約2.7万円)


商品ページはこちら

★Amazon限定モデルS9090/43 (約1.9万円)


商品ページはこちら

肌に最も優しい7000シリーズ

肌を傷めないことを最優先にした敏感肌専用モデルなので、肌へのダメージを気にしている方向けのシリーズになっています。9000シリーズより、少しだけ深剃り度合は下がりますが、それでも高品質なのは間違いなし。また、なんでも皮膚科医も認めているほど、やわらかな造りだそうです。(2014年ドイツの第三者機関が調査とのこと。)

★肌ケア最優先モデルS7520/26 (約2.7万円)


商品ページはこちら

5000シリーズ

フィリップスの中で、最もノーマルなシリーズ。髭剃りに2万円以上も出せないって方は、こちら。7000や9000に比べると、肌へのダメージや深剃り具合も下がりますが、それでも普通に高品質です。スピードシェービングが特徴で、値段を抑えながらもきちんとした髭剃りが欲しい方向け。

★S7520/26 (約1.5万円)


商品ページはこちら

★S5272/12 (約0.9万円)


商品ページはこちら

▼詳しくは公式サイト参照
https://www.philips.co.jp/c-m-pe/face-shavers

いきなり買うのが恐い人は店頭で試してみよう!

自分も初めて知りましたが、なんとヨドバシカメラでは、店頭で試し剃りをさせてくれました。店舗によるかもしれませんが、試し剃りをさせてくれる店も少なからずありますので、ちょっと髭を残しておいて、実際に試してみると、安心して購入することができるかと思います!

まとめ

いかがでしたでしょうか。これからフィリップスの髭剃りを買おうかどうか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

最後に一言

夏ボ、冬ボにちょうどいい!

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

フィリップスの髭剃り(回転式シェーバー)の製品・特徴まとめ!


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

本ブログ・WebMakeBlog KIYOTATSUを運営しているYoshiと申します。普段はWEB制作をやっています。家事・インテリア好きで、雑貨屋に行くと、よく無駄な出費をしてしまいます。快適な暮らしのためには、お金を惜しまない性格です。