ココロに優しく響く! 新宿・紙素材の立体イラストレーション展

お出かけ

※本記事は作成日より一年以上が経過しています。最新の情報ではないので、ご注意ください。

読了の目安時間: 151

こんにちは、yoshiです。

今日は知人にお誘い頂き、新宿5丁目のギャラリー「新宿眼科画廊」で催されている金沢和寛さんの立体イラストレーション展「紙で作った12ヶ月のメルヘン」を鑑賞させて頂きました。

ダンボールなどの紙素材を基にしたアート。本当にただただ感嘆するばかりで、すっかり魅入ってしまいました。

9月10日まで開催らしく見学無料で気軽に立ち寄れるそうなので、ぜひ足を運んでみて下さい。日々のストレスですさんだ心が落ち着いていきます。

公式サイトはこちらから→新宿眼科画廊

紙で表現されるアート

優しさと柔らかさ。そして躍動感溢れる紙人形たち

▼もう今にも話し声が聞こえてきそうな風景です。

金沢和寛

▼こちらはハロウィンのワンシーン。なんたる癒しでしょう。

金沢和寛

▼奥に見える手書きの絵が「最初の設計図」とのことです。そこから完成した立体イラストを撮影したものが手前の図になります。立体も平面も楽しめるなんて二度も三度も美味しいアートです。素晴らしい。

金沢和寛

素材はもちろん紙!

▼どこの家庭にもあるような切れ捨てのダンボールや、、、

金沢和寛

▼こんなクシャクシャの紙が、、、

金沢和寛

▼自転車タイヤに歯車に羽毛にくちばし。変幻自在にクリエイトされていて、圧巻の職人技です。製作者の金沢さんにお伺いしたところ、人形の製作には種類にもよるけど、だいたい一体の製作に20時間近くかかるそうです。誠心誠意、創意工夫。だから人の心をこんなにも動かせるのだろうと思います。ぽかぽかと、すごく幸せな気持ちになってきます。

金沢和寛

感想

大満足!

一週間の疲れが飛んじゃいました。クリエイターの磨き抜いた結晶って、人の心を見事に洗ってくれます。こんなに素晴らしい作品を見た後、闘争本能は持ちようがないです。しかも金沢さんはアニメーションにも興味があり、近い将来にはこれら人形さんたちが本当に動き出してしまうかもしれないそうで、今からすごく楽しみです。どんな映像よりも「心に柔らかさを伝える動き」をするのではないかと予感します。
ちなみに会場では氷上の子供や浜辺で追いかけっこをしている子供など、たくさんのワンシーン展示がありますので、気になる人は是非足を運んでみると、幸せな気持ちになれるかもしれません!

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

ココロに優しく響く! 新宿・紙素材の立体イラストレーション展


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

WEB制作をやっているYoshiと申します。PVは月間10万程度。休日のストレス解消法は、ドライブ/観光/フットサル/ゴルフ/サッカー観戦/カフェ/競艇/スパ/温泉/酒など。順調にオッサン化が進行しているようです・・・。