独立・開業する美容師なら絶対に知っておきたい「ホームページ制作の具体的な金額・料金の予算感と戦略」について

web制作

読了の目安時間: 2231

biyou-0

今日は独立・開業する美容師さん、または独立・開業を考えている美容師さん向けに、web業界の人間から見た視点で、ホームページ制作に必要となる「予算感や戦略」について紹介したいと思います。

うさんくさいホームページ制作業者や、うさんくさいSEO業者なんかに、変なカンジでぼったくられないように役立ててもらえればと思います!

本記事で学ぶこと
・ホームページを作る目的を知る
・SEOを高めるためには、具体的にどうすれば良いか
・創業スタートアップの時に最低限用意するホームページとSEO対策
・美容院の効果的なホームページを作成するために必要な準備
・美容院のホームページ制作&SEO対策にかけるべき金額
・オシャレでイケてる参考にしておきたい美容院のウェブサイト

まずはホームページを作る目的を知ろう!

ホームページは検索された時に上位表示されないと意味がない!

まず、基礎的なことですが、どうしてホームページ制作をする必要があるのか、考えてみましょう。答えはとても簡単で、ホームページ制作をする理由は「お客さんにインターネット経由で店のことを知ってもらい、来てもらうコト」だと思います。

では、お客さんはどうすればインターネットで店のコトを知ることができるでしょうか。これも簡単です。ほとんどの方が、美容院を調べる時、「目的の地域名+美容院」のキーワードで検索をかけると思います。この時、検索結果ページで上位の位置に自分の店が表示されると、お客さんに見てもらう機会は増えます。

biyouin1

webマーケットでは、検索結果ページの2P目以降に表示されると、ガクンと集客効果が下がることがデータとして分かっています。もし自分の店のホームページが検索結果ページにの7P目などに掲載されていたら、それを見つけてくれるお客さんは滅多にいないことでしょう。

そのため、じつは美容師さんがインターネットで集客しようとした時はホームページ制作をするだけでは効果が少なく、ホームページを制作し、同時にSEO効果を高めることで、検索結果ページの1P目に自分のホームページが掲載されることを狙っていく必要があるのです。

SEOを高めるためには、具体的にどうすれば良いか

SEOとはなにか

先ほど、SEOという単語が出てきました。このSEOとは、カンタンに言うと、「GoogleやYahoo!などの検索結果ページで自分のホームページが特定のキーワードで上位表示されるようにするため、検索対策用の工夫をすること」です。では、このSEOはどうすれば強くすることができるのでしょうか。

ぶっちゃけてしまうと、SEOは金をかければかけるほど強くなります。ただ、ひとまずいったん、予算の概念を忘れて、SEOを高める手段を一覧にすると、以下の通りです。

SEOを高める具体的な手段
-ウェブサイトをしっかり作成する
-ウェブサイトでマメにブログ更新する(ブログ機能があれば)
-他のウェブサイトや、他のSNSから被リンクしてもらう
-雑誌、テレビなどの別媒体で宣伝してもらう
-Google Adwordsなどリスティング広告をかける
-美容院関連のポータルサイトに登録する

この時、SEOは、内部対策と外部対策の二通りの工夫方法があります。

SEOの内部対策とは

SEOの内部対策とは、ホームページやブログなど、自分の所有するホームページをキッチリ作ったり、またコンテンツを増やしていくことで、検索結果ページに表示されやすいように工夫することです。

たとえば、自分の店の特徴を捉えたキーワードを設けて、キッチリとホームページ作成すると、自分の店が特定のキーワードで表示されやすくなり、ユーザーを多く獲得することができるようになります。また、自分のホームページにブログ機能がついていれば、その記事をたくさん更新することで、インターネットの検索にひっかかるキッカケが増えることになります。

例)
・日暮里で安い美容院を開業する場合
 ⇒ホームページでは「日暮里 安い 美容院」といったキーワードを押し出すようにした構成にするとインターネットの検索にひっかかりやすくなる。

・さらにブログ機能がある場合
 ⇒「日暮里・美容院・安い」などのキーワードを散りばめつつ、たくさん記事更新するとインターネットの検索にひっかかりやすくなる。

SEOの外部対策とは

SEOの外部対策とは、自分のホームページ以外から、リンクをもらったり紹介してもらうことで、検索結果に表示されやすくなることです。

たとえば、他の有名なニュースサイトやSNS、有名人のアメブロなどで店の紹介をしてもらえば人気が上がることは想像つくと思います。また、webメディアに関わらず、雑誌やテレビに情報を掲載すれば、その経由でホームページを見に来る人が増えるでしょう。また、Google Adwordsのようなリスティング広告(インターネット広告の一種)だったり、美容院関連のポータルサイト「HOT PEPPER Beauty」などに登録すると、そこからの被リンク効果もあり、検索結果ページの上位表示がされやすくなり、またアクセスポイントも増えますのでユーザーの流入が増えるようになります。

例)
・ニュースサイト、有名人、雑誌、テレビなどに宣伝してもらう
 ⇒ホームページを見に来る人が増える!

・SNSで拡散したり、インターネット広告をかける
 ⇒ホームページを見に来る人が増える!

・美容関連のポータルサイトに登録する
 ⇒ホームページを見に来る人が増える!

SEOを高めるにはお金がかかる

SEOの内部対策と外部対策。これらすべてを実施していけば、まあGoogleなどの検索結果ページで、ほぼほぼ上位表示はされるようになると思います。ただし、これらすべてを実施した場合、とんでもない金額がかかってしまうことは言うまでもありません。

しかも昨今では美容院は数多く増えていますので、SEOで成果を出すことは難しくなっています。なぜならインターネットで「地名 美容院」で上位表示されようとしたら、競合他社がすでにたくさんいるからです。

・・・悲しいことに、これからスタートアップをしていくお店は、インターネットの掲載において、結構不利な状況にあるのです。

では、いったいどうすれば良いかというと、答えとしては「なるべく少ない資金で効果的なホームページ制作とSEO対策を実施していくこと」が大事となります。

創業スタートアップの時に最低限用意しておきたいホームページとSEO対策とは

結論からいえば、スタートアップの美容師さんが絶対に取り入れるべきインターネット戦略は下記の三本です。

・ポータルサイトの掲載
・Googleページの登録
・ホームページ制作

順番に説明していきたいと思います。

ポータルサイトの掲載

正直、美容院関連のSEOは、美容院関連のポータルサイトがほとんど牛耳っています。

先ほどの「川越+美容院」で検索した画像をもう一度見てみましょう。

biyouin3

じつは美容院関連の検索結果ページでは、ほとんどポータルサイトの結果が表示されるのが実状です。美容関連のポータルサイトとは、カンタンにいえば、「自分の店についてカンタンな紹介ページを作ってもらうことで広告・宣伝をする」というものです。

美容院関連のポータルサイトには具体的に下記のようなサイトがあります。

・HOT PEPPER BEAUTY(ホットペッパービューティー)
http://beauty.hotpepper.jp/

・BEAUTY PARK(ビューティーパーク)
http://www.beauty-park.jp/

・楽天ビューティー
http://beauty.rakuten.co.jp/

・Supernatural(スーパーナチュラル)
http://www.supanatu.com/

・Beauty-Port(ビューティーポート)
http://www.beauty-port.com/

このうち最初に登録するなら、業界最大手の「HOT PEPPER BEAUTY(ホットペッパービューティー)」が良いと思います。たとえばHOT PEPPER BEAUTY(ホットペッパービューティー)にページを掲載するようにお願いすると、下記のようなページを作成・公開してくれます。

例)池袋東口店に新しくオープンされたagir hair様のお店のポータルサイト掲載ページ
biyouin4

プランにもよりますが、掲載ページ制作の際、スタッフの方がお店の中の写真撮影だったり、コンセプトなどのテキスト作成などもしてくれますので、スタートアップには、とてもラクです。

▼HOT PEPPER BEAUTY(ホットペッパービューティー)の掲載に関する紹介ページ
http://www.ambition-net.com/hotpepper/tokyo2/?gclid=Cj0KEQiAvJS3BRDd44fjndyii6MBEiQAN4EkPWdB-xXWf-Uqo6GypiTgoOqYH6oImz7JWqJDPKSkTBMaArWM8P8HAQ#attractcustomers

▼HOT PEPPER BEAUTY(ホットペッパービューティー)の掲載料金一覧
http://beauty-web.jp.net/ryoukin/

HOT PEPPER BEAUTYに掲載すると、シンプルLかバリューLのプランで年間20~30万円の費用になりますが、それだけの手間でインターネット検索に表示されやすくなり、また写真素材やテキスト素材なども貰えますので、急いでいる時は、とりあえず効果的な立ち回りだと思います。いざとなれば、ホームページを作成せず、ポータルサイト掲載だけでネット集客を完結させてしまうのも選択肢の一つといえば一つです。

逆に、最悪な立ち回りは、スタートアップで経費をケチって、ホームページを安く制作し、ポータルサイトの掲載を怠ると、結果的にはインターネット広告がなんの効果もなさないで無駄に終わってしまうことです。

できれば最初の繁忙期は、ポータルサイトの掲載を実施しましょう。その維持費が気になるようでしたら、しばらく様子見して固定客などが増えてきたら、自社ホームページを制作し、ポータルサイトの掲載を徐々に少なくして調整するなどしたほうが、まあ賢い戦略だと思います。

・・・ちなみに、わたしはべつにHOT PEPPER BEAUTY(ホットペッパービューティー)の回し者ではございません。ただ、HOT PEPPER BEAUTY(ホットペッパービューティー)は、月間で2千万人ほどの訪問者がいますので、金額が最安かどうかはさておき、集客としての効果が出る、という意味では間違いないポータルサイトと思います。ジャブジャブ金を使えるなら、ポータルサイトに次々登録するのも手段なのですが、まあすべて登録するのは、現実的には難しいでしょう。

美容院のSEOはポータルサイトに牛耳られている・・・。
美容院のお店をインターネットで有名にしようとした時、正直、ポータルサイトに勝つことは難しいです。そのため、ポータルサイトを運営している方々は、広告の部分で、美容師さんたちから、かなりの収益を得ており、ほとんど一人勝ちのような感じです。なにしろ、広告掲載希望者を集めるだけ集めて、そこでさらにプランを設けることで、「有名になりたければ、もっとお金を出しなさい」という対応ができるからです。なんとも、歯がゆい事実ですが、しかし広告はお金を取れる仕事ですので、仕方ないといえば仕方ないことです。

もしポータルサイトのSEOに自力で勝とうとするのであれば、自分のホームページを持ち、そのコンテンツを増やすように適宜更新などしないといけませんが、日々の業務で忙しい美容師さんは、そういう時間をうまく取れず、またwebメディア更新用の社員さんを雇うというのも厳しいので、とても難しいんですよね。。。

Googleページの登録

ホームページ制作とは少し異なるのですが、Googleアカウントを作成し、お店の情報をGoogleで登録することで、Googleマップに会社情報が表示されるようになります。

biyouin_tuika

自分のお店がGoogleマップに表示されるということは、SEO的にも意味があります。早い話、地図検索で美容院を探している人がいれば、そこに表示されるようになるからです。このサービスは無料で設定できますので、利用しない手はありません。絶対に導入したほうが良いです。

▼具体的な設定方法はこちら
Google マップに会社名を登録する方法

また、店を持つともなるとメールアドレスは必要になりますので、そのまま仕事用のメールアカウントとしてGoogleメールを利用しても良いかと思います。Googleアカウントを持っていると、無料ストレージやカレンダーやスプレッドシートなど、ビジネスに使える様々なツールを無料で利用できます。お店を開く場合、Googleアカウントは必ず作成するようにしましょう!

ホームページ制作

美容院のホームページは正直なところ、「ブログ」や「カタログ」など更新したいコンテンツにこだわりさえしなければ、ほとんどテンプレートのような感じで簡単に作成できてしまいます。なぜなら、美容院はお店を始める時、その準備だけで「ロゴや看板、店のオシャレな外装と内装」といった写真・画像素材を自然と揃えられますので、ホームページ制作では、それら一式をそっくり流用できるからです。

詳しくは次章より説明していきます。

美容院の効果的なホームページを作成するために必要な準備

最初に絶対に必要なものは「独自ドメインとレンタルサーバー」

自分のホームページを持つ場合、必ず「独自ドメイン」と「レンタルサーバー」の二つが必要になります。ホームページ制作会社次第では、この辺の手続きを全部してくれますが、知識として知っておくと良いかと思います。

独自ドメインとは
まず、独自ドメインとは、カンタンにいえばURLのことです。たとえば本ブログサイトだと、URLが「http://kiyotatsu.com」ですが、このうち「kiyotatsu.com」が独自ドメインに該当します。つまり、自分の好きな名前のURLを作成できるのが独自ドメインという感じです。独自ドメインは、様々なサービスで取得でき、年間1,000円程度で設定できます。

代表的なドメインサービス
・お名前.com
・ムームードメイン など

レンタルサーバーとは
次に、レンタルサーバーは、ホームページのデータを保存しておく場所のことです。ホームページのデータは、基本的にはhtml・css・画像といったデータの集合体で形成されているのですが、ホームページを公開するためには、これらのホームページデータをレンタルサーバーに保存する必要があります。レンタルサーバーには有料と無料のものがありますが、無料のものですと回線が遅くなったり、カスタマーサービスがなかったりするので、有料のものにしておくほうが好ましいです。

代表的な有料レンタルサーバー
・ロリポップ
・さくらインターネット
・ヘテムル
・エックスサーバー など

個人的にオススメなレンタルサーバーは、エックスサーバーです。
http://www.xserver.ne.jp/

エックスサーバーでは、月額1,000円程度で快適に動作して、カスタマーサービスも親切で迅速です。しかもキャンペーン中であれば、独自ドメインを一つ無料でもらえますので、エックスサーバーの契約だけで「独自ドメインとレンタルサーバー」が完結できます。(エックスサーバーと契約している間、ドメイン料はずっと無料です。)

美容院が最低限、ホームページに掲載しておくべき情報

独自ドメインとレンタルサーバーの準備ができたら、次に考えなくてはいけないのが、どんなホームページを作るか、ということです。

美容院のホームページは更新コンテンツにこだわりさえしなければ、わりとカンタンに作成することができます。少なくとも下記の情報が掲載されていれば、美容院のホームページの体裁は保たれます。

トップページ 店のロゴ/店の写真/店のコピー文章(どこの地域にある、どんな店なのか、など)
メニューページ カット・カラーなどのサービスおよび価格一覧
スタッフページ 顔写真/カンタンなプロフィール
ヘアーカタログページ 実際にカットしたお客さんの写真など
予約・アクセスページ 電話番号/住所/営業時間/休日など

余裕があれば、お店のコンセプトなども掲載して良いでしょう。

あとは突然の休業日の連絡などニュース配信の機能をホームページ上でやりたい場合などあるかと思いますが、この時はホームページに機能を作るのではなく、外部サービスに頼ると良いかもしれません。たとえばお店の公式twitterアカウントを作成して、そのつぶやきがホームページに自動的に表示されるように埋め込んでおけば、コストもかからず、お店の人がtwitterを更新するだけで、お手軽にニュース配信することができるようになります。

ヘアーカタログなんかは、Instagramと連携して表示するようにしても、安く仕上がって良い出来栄えになるかもしれません。

注意したいことは、パソコンとスマホの両方で見られるかどうか確認すること!

たまに「数万円で作成可能!」なんて安いホームページ業者がいるのですが、これがパソコンしか対応していない場合があります。2016年現在、モバイルファーストが唱えられており、美容院を好むユーザーのほとんどがスマホを利用してインターネットに接続しています。ホームページを作成する時は、必ずスマホに対応してもらえるかどうか、確認するようにしましょう!安物買いの銭失いは避けたいところです。

美容院のホームページのデザインは、カンタンでいいなら、ほとんど写真勝負でイケる

美容院のほとんどが、外装・内装が綺麗になるように凝っています。そのため、それらの撮影画像があれば、ホームページも、結構おしゃれになっちゃいます。一眼レフで撮影することが望ましいですが、ホームページに使う素材ですので、昨今ではお手軽に使えるiphoneなどのスマホでも十分といえば十分です。あとはポータルサイトの掲載をしていれば、その時の素材を流用したり、参考にすると良いでしょう。

できるだけ素材を自分で準備しておくと、制作会社へ頼む際、素材分の費用を低減することができます。

しかし、ホームページで他のデザインにはない、自分だけの個性などを強く出そうとすると、webデザインにこだわらないといけませんので、当たり前ですがコストがかかってきます。

・・・ところで、ホームページ制作って、いったいいくらが相場なのでしょう。いよいよ本題に入っていきたいと思います。

開業時の美容院のホームページ制作にかけるべき金額とは?

正直なところ、ホームページ制作の費用はピンキリだったりします。美容師さんでも、同じカットにしたって値段が違うのと同様に、web業界でも同じホームページを作るにしても値段は異なります。

ただ、美容院さんのホームページは、カンタンなものであれば、基本的には他の業種のホームページよりも安めの価格帯です。理由としては、ほとんど情報設計をする必要がなく、また写真素材なども豊富に揃っていることが多いので、その分の設計費用がかからないためです。じつはwebの制作業者からすれば、美容師さんのホームページは比較的作りやすいのです。では、具体的にはいくら用意しておけば良いのでしょうか。見ていきたいと思います。

デザインにこだわらないで、ただホームページがあれば良いという場合

テンプレート形式のデザインで良いという場合、おそろしく安いところであれば、5万円くらいから相談に乗ってくれる相手がいるかもしれません。ただ、安かろう悪かろうは確かに存在するので、正直、おススメはしません。

デザインにこだわって、パソコンとスマホでちゃんと表示されるホームページが欲しいという場合

これまたピンキリですが、制作会社およびフリーを混ぜて、だいたい20~60万円といった感じだと思います。個人的には、ちゃんとしたホームページ制作を頼むのであれば、二十万円以上は支払った方が良いように思います。また、その際はちゃんと話を聞いてくれて、きちんと仕事をしてくれる人を選ぶことがポイントです。

30万円前後でも外れの業者は存在する
知り合いの話を聞くと、30万円程度の金額を提示しているにも関わらず、かなりヒドい制作を提案する業者さんなどもいたそうで、「この業者、怪しいな」と思ったら、即刻、取引をやめたほうがいいです。制作は進めば進むほど、取り返しがつきません。せっかくのお店のホームページ。うさんくさい相手には頼まないようにしましょう。

デザインにこだわって、パソコンとスマホでちゃんと表示されて、さらにブログのような更新機能だったり、ヘアーカタログを充実させたり、予約管理システムなんかも・・・と、あれこれ欲しいという場合

ホームページへの要求が色々と増えてくると、一概に金額がいくら、という回答は難しくなってきます。いわゆる、要・見積というやつです。それだけホームページにこだわりがある場合は、一つの制作業者に頼むのでなく、複数の業者に依頼をして、「あいみつ(見積を複数とって、比較すること)」をするようにしてみましょう。その時に、値段だけの比較ではなく、一番紳士的な対応をしてくれた業者を選ぶと失敗しにくいと思います。

この場合は一般的なコーポレートサイトの価格帯を想像しておいて良いかと思いますので、まあ内容次第なのですが、50万円~3桁以上くらいになってくると思います。

もし知り合いにweb関係の専門学生とかいれば、お願いしちゃうと安上がり!

卒業制作に、美容院のホームページ作ってみない?とか誘ってみると、案外やってくれる人がいるかもしれません。ただし、おカネを支払っていない場合、あまりむちゃくちゃな注文をするのはやめておきましょう。友人関係が壊れてしまうかもわかりませんので。

なんなら自作しちゃうのも手段の一つである

最近では、wixなど、無料でオシャレなホームページを作成するためのツールがたくさんあります。インターネットの作業に慣れている美容師さんは自作してしまうのも手かもしれません。

▼ホームページ制作ツール「wix」
http://ja.wix.com/

結局、ホームページにはいくらぐらい予算をかければいいのか

個人的な答えとしては、

・ポータルサイトに年間20~30万円前後
・ホームページ制作に30~60万円前後(もしくは自作か、友人に頼むか、ナシか。)

という感じです。

ただ、あんまりインターネット戦略にこだわりがない人であれば、ホームページ制作については、信頼できるフリーの知り合いがいれば、数万円~20万円程度で作ってもらえるようにお願いできるなら、それが一番良いように思います。

一報、ホームページにとてもこだわりがある人や、なにかしらのシステムを導入したい人、また最初から多店舗のチェーン店などを予定している人は、数十万円後半~3桁という予算感になるでしょう。

注意としては、ホームページのデザインにこだわりまくって、他の宣伝費用を失うようなことは絶対にやめましょう。デザインにこだわっても、そもそもお客さんに見てもらえないことには意味がありません。あくまでホームページは「宣伝・広告のために作るものであり、美術品の類ではない」と認識しておきましょう。

今、オシャレでイケてる個人的にオススメな参考にしたい美容院のホームページ

個人的に優れているなと思う、美容院ウェブサイトは「EARTH」です。

biyouin5

http://hairmake-earth.com/

PC/SP対応のレスポンシブ構成で、今風のトレンドなwebデザイン。フラット・グリッドレイアウトで、絶妙なパララックス効果やvideoなどの動的表現を入れており、上質のブランディングを見事に表現しています。また、効果的なバナー、サムネイルなどの使用により、ユーザーの導線設計もばっちりです。サロンの検索機能や、ヘアーカタログなど各種コンテンツ、各種SNSの充実具合などひっくるめて、さすが業界大手のホームページという仕上がりです。(あえていうなら、読込速度が遅い所が唯一の気になるところ。)

まあ、これだけのサイトを個人経営などで作成しようとすると、とてもコストがかかってしまいますので、真似することは非常に難しいです。

ホームページ制作をお願いする時は、自分の好みのwebデザインを伝えておくと、相手も制作がしやすい

どういうホームページが欲しいのか、事前に参考となるwebデザインを決めておくと、制作業者さんも制作がしやすいです。時間があれば、色々と見ておくと良いでしょう。

わたしが趣味で作成したギャラリーサイト「website-file」では、webデザインを色々と見れますので、よければ参考に見てみてください!

▼美容室ウェブサイトの参考一覧
websitefile 美容室ホームページ一覧

その他、ホームページ制作・SEO戦略においてプラスになること

twitter,facebookなど各種SNSの登録

twitter,facebookなど各種SNSも、インターネット宣伝では使えます。とくに友人が多い人なんかは、お店のtwitterアカウント、お店のfacebookページを作成したら、友人にフォローといいねを押してもらえるようにお願いすれば、それだけで知り合い周辺に拡散することができます。それですぐに宣伝効果が強まるわけではありませんが、無料で宣伝できますので、やらないよりはやっておいた方が良いです。

また、twitterもfacebookも、最近ではお金をかけて宣伝することができますので、インターネットに詳しい方や慣れている方は、ちょっと余裕があれば、やってみても良いかもしれません。ただし、こちらに注力し過ぎないように気をつけてください。SNSはあくまで、コミュニケーションがメインのツールです。ポータルサイト掲載に勝るほどの宣伝効果は正直、ありません。

インターネットに詳しい人はネット広告も考えてみよう
本記事では省略していますが、twitterもfacebookも、最近ではお金をかけて宣伝することができますので、インターネットに詳しい美容師さんは取り組んでみると良いかもしれません。とくにfacebookページなんかは、お店の近辺数キロメートルの人へ千円程度でPRなんて細かい区分けもできますので、安く宣伝できます。同様に、ネットの広告効果が高いGoogle Adwordsなんかも試してみると良いかと思います。

出店場所を競合他社が少なく、人の多い場所にするなど厳選する

美容院を新たに出店するための理想の場所は、「美容院が少なく、高校生・大学生・若い主婦などオシャレ好きな人が多く、駅に近いといった人の集まりやすい場所」という感じでしょうか。ホームページ制作とは少し異なる話ですが、そもそもの立地戦略がミスっていると、どんなにネット集客に力を入れてもどうしようもないことがあります。十分に考えてから出店するようにしましょう。

うさんくさいSEO業者に気をつけよう!
個人の美容師さんは、結構インターネット業者にターゲットにされやすいです。「SEO向上で集客効果が高まりますので、弊社のサービスを利用してみませんか」なんて営業電話がきた経験を持つ人も少なくないかと思います。そんな時は、こう聞いてみましょう。「御社にお願いすると、『駅名と美容院』のキーワードで必ず一位表示されるようになりますか? HOT PEPPER BEAUTYさんに掲載するよりも効果ありますか? HOT PEPPER BEAUTYさんに掲載してある美容院すべてより、確実に上位表示されますか?」

もし「できます」って答えた営業さんには、その旨をそっくりそのまま誓約書に書かせて、ぜひ持ってきてもらいましょう。ほとんどの場合、そんなことは実現不可能ですので。

まとめ

いかがでしたでしょうか。随分と長文になってしまいましたが、これだけの知識を得ておけば、とりあえずホームページの戦略をたてる参考にはなるかと思います。これから独立・開業を考えている美容師さんには、ぜひ参考にして頂けましたら幸いです!

キヨタツ
キヨタツの一言

・・・次回は、どの業種の記事にしようか考え中・・・

今読んだ記事をシェアする

biyou-thumb

独立・開業する美容師なら絶対に知っておきたい「ホームページ制作の具体的な金額・料金の予算感と戦略」について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このブログサイトが参考になった人は、いいねボタン! 更新情報も受け取れます!

arrow
デル株式会社
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キヨタツ

キヨタツ

WEBを中心に、色々な制作をする個人事業主です。過去、エンジニア&webディレクターで会社勤めをしていました。主に要件定義や構築が得意で、HTML/css/javascript/PHP/git/wordpress/MT/DB/photoshop/illustrator/fireworksなど扱えます。現在、サーバー・アプリなどを習得中です。性格は、自虐好きです。