ウィルス性急性胃腸炎? 一時間おきに嘔吐した時の回復体験まとめ

生活

読了の目安時間: 544

先日、突然に体調が悪くなって、一時間おきに嘔吐が続くような状況になりました。結局、病院には行かなかったのですが、自己診断では、おそらくは最近流行しているウィルス性急性胃腸炎、いわゆるノロウイルスの症状だったかと思います。

本当、突然に起きるので、急に似たような症状になって具合が悪くなった人のため、ご参考までに自分が回復するまでの流れを紹介したいと思います。

ウィルス性急性胃腸炎? 一時間おきに嘔吐した時の回復体験まとめ

virusu_matome_1

夜の22時頃に嘔吐開始

その日、とくに調子が悪いということはありませんでした。日中作業⇒夜筋トレ+食事⇒風呂⇒夜中作業という感じで過ごしていたところ、夜22時頃、急にめまいというか、なんだか具合が悪くなってきました。

「風邪かな・・・?」と思っていたら、どうしようもない吐き気がやってきて、最初の嘔吐。そしてやってくる、ものすごい寒気。いきなり吐くようなタイプの風邪には遭ったことがなく、新種の風邪かなと思い、とりあえず大事を取って早めに眠り、翌朝に病院行こうなんてノンキなことを考えて、就寝開始をしたのですが・・・。

嘔吐が続き、眠れない夜

寝ようと思っても、全く眠れませんでした。というのも、一時間おきに嘔吐していたからです。「嘔吐⇒気分スッキリ⇒30分くらいすると吐き気⇒30分くらいで限界になって嘔吐」という流れが、ひたすら繰り返されていました。たぶん、合計で8回はリバースしていたのかな。寒気もひどくて、胃袋がズキズキと痛むし、一番ひどかった吐き気が収まってくれるまでは、まったく寝つけませんでした。結局、夜通し起きていて、眠りについたのは朝の8時くらいになってからでした。

連続して嘔吐するので、脱水症状に要注意!

ずっと嘔吐を続けていた中、とくに辛かったのは、2回目~4回目でした。寒気も止まらず、いくら布団に入っても身体が暖まらない状況。それだけ嘔吐してしまうと、だいたい胃袋の中身もなくなっているんですよね。それなのに、まだまだ続く吐き気のしつこさ。もう吐くものはないので、ひたすら嗚咽して吐き気に苛まれるだけという最悪の状況に・・・・。

さらに水分不足もあって、貧血気味の目眩までしてくる始末。インターネットの情報を調べてみたところ、ウィルス性急性胃腸炎のようになって、嘔吐を繰り返すと脱水症状を起こす危険性があるので「水分補給」が重要ということ。また、水分を取っておくと、「吐く時に楽になる」という記述もありましたので、すぐさま、こまめに水分を摂取するようにしました。一気に飲むと危ないので、舐めるように、ちょっとずつ摂取していき、吐いて、ちょっとずつ摂取していき、吐いて・・・。

いったい、どういう地獄だよと思いつつ、ものすごい飲んでしまった二日酔いだと思い込むことにして、吐くことに慣れていった次第でした。

睡眠さえ取れれば、ピークは脱出!

一晩中のことだったので、すっかり疲れ果てており、その後はぐっすりと深い眠りに入れました。6時間ほど寝てから起きてみると、吐き気と寒気はなくなっており、なんだか胃腸が少しゴロゴロするかなーという感じ。

ただ、インターネットの情報によれば、この時に固形物を調子に乗って食べると、また吐き気がやってくるとのことだったので、それは絶対に避けようと、丸一日、飲み物だけで耐える方針にしました。水と紅茶をちょっとずつ飲みつつ、たまに角砂糖舐めて、ひたすら横になってました。夜には、かなり回復して、流動食なら何事もなく食べられるようになってました。

固形物を食べられるようになってからは二次感染に予防

感染発症からおよそ2日も経過すると、固形物も徐々に食べられるようになり、ちょっとしたデスクワークや日常の動作もスムーズにできるように回復しました。

ただ、ウィルス性急性胃腸炎は、この「回復期」が、最も注意深く過ごさなくてはいけない期間ということ。調べてみると、元気になった後の1週間くらいは、ウイルスは不活性になりながらも小腸などに大量に残っており、排泄物に混じり二次感染の危険があるということ。しかもアルコール消毒は効果が薄く、次亜塩素酸水でないと消毒できないとのこと。

なので、手洗いうがい、それからマスクを徹底。家族と同居している人は、発症した人だけプチ隔離して、コップや風呂、トイレなど用心して、他の家族に感染させないように気をつけた方が良さそうです。

ノロウイルス、どんだけ悪質なんだよ! と思いました。

嘔吐している人に安易に近づくと感染の危険・・・?

ノロウイルスなどのウィルス性急性胃腸炎は、基本的には空気感染しにくいものですが、嘔吐物に限っては、その限りではないそうです。感染者の嘔吐を介抱しようとした人が、すぐさま感染するようなケースも珍しくないようです。

これは、介抱した人が、そもそも事前に感染していた可能性もありますが、ただ、冬場などウイルスの流行っている時期、嘔吐している人がいたら、安易に介抱するのでなく、マスクや手袋などは気をつけたいところです。

感染源をたどることが難しい

ノロウイルスなどのウィルス性急性胃腸炎は、12~24時間、もしくはもう少し遅くといった時間で発症するようですが、しかし、その時間内における、どの行動が感染源にあたるのか、ちょっと分からないです。

集団食中毒だったりすれば、要因を絞れるのですが、個人レベルでは、感染源を特定することが難しいです。

とりあえず、根本的な解決は難しいので、予防をしっかりするしかなさそうです。手洗いうがいはもちろんのこと、ウイルスの流行している時期は、衛生の悪そうなお店や生食などは、なるべく控えた方が賢明かもしれません。

本当にやばい時や、症状が気になる時は迷わず病院へ

今回の記事だと病院に行っていないので、なんとかなるかなと思ってしまう方もいるかもしれませんが、めまいや貧血みたいになってやばい時や、半日経過しても体調が一向に回復しなかったりする時は、迷わず病院を選択しましょう。

自分は幸い、下痢がほとんどなかったのですが、嘔吐と下痢と酷い人は水分補給が極めて難しくなって、脱水症状を起こしてしまい、倒れてしまう危険性があります。点滴などの医療措置を受けないと回復が難しいので、すぐに行くべきです。

また、短期で終わらず、なんだか嘔吐などの症状が続く時は、ウィルス性急性胃腸炎ではなくて、違う病気の可能性もあります。甘く見ずに、しっかりとした治療を受けるようにしましょう。

・・・自分も病院に行っていないので、もしかしたらウィルス性急性胃腸炎ではなくて、違う病気の可能性があるのですが、おそらく症状的にはノロウイルスだったと自己診断しています。

まとめ

食中毒にかかると、本当に悲惨です。日頃からしっかり用心して、健康に気をつけましょう!

最後に一言

肉体だけでなく、精神的にもまいる・・・。

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

ウィルス性急性胃腸炎? 一時間おきに嘔吐した時の回復体験まとめ


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

本ブログ・WebMakeBlog KIYOTATSUを運営しているYoshiと申します。PVは月間10万程度です。普段はWEB制作をやっています。家事・インテリア好きで、雑貨屋に行くと、よく無駄な出費をしてしまいます。快適な暮らしのためには、お金を惜しまない性格です。