PHPエラーinclude(): http:// wrapper is disabled in the server configuration by allow_url_include=0の対処法

web制作

読了の目安時間: 118

エックスサーバーで、phpのバージョン更新をしたら、下記のようなエラーが出ました。

Warning: include(): http:// wrapper is disabled in the server configuration by allow_url_include=0 in "includeで呼び出すディレクトリ名"

これはphp.iniの中にある"allow_url_include"がoff設定になると出てくるエラーです。英文を読むと、includeの使用は許可されていないよ、ということです。

phpのincludeコマンドはサーバーへ負担をかけるものですので、デフォルト設定ではoffになっています。そのためか、エックスサーバーでphpのバージョンを更新した時、この"allow_url_include"をonにしていてもデフォルト設定のoffに書き換えられてしまう場合があるようです。そのため、このエラーについては、エックスサーバーのサーバーパネルからphp.iniの設定を再び変更してあげることで対処できます。

サーバーパネルから「php.ini設定」を選択します
php_err

php.iniには、色々と選択項目があります。"allow_url_include"は一番下にありますので、これをonにしてあげましょう。
php_err2

これで、phpのincludeの使用を許可したことになり、エラーも改善されます。サーバーパネルからでなく、FTP上からphp.iniファイルを直接書き換えても大丈夫ですが、慣れていない方はサーバーパネルからの操作のほうが安全だと思います。

キヨタツ
キヨタツの一言

バージョン更新にエラーはつきものですので、慎重にやりましょう!

今読んだ記事をシェアする

php_thumb

PHPエラーinclude(): http:// wrapper is disabled in the server configuration by allow_url_include=0の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このブログサイトが参考になった人は、いいねボタン! 更新情報も受け取れます!

arrow
デル株式会社
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キヨタツ

キヨタツ

WEBを中心に、色々な制作をする個人事業主です。過去、エンジニア&webディレクターで会社勤めをしていました。主に要件定義や構築が得意で、HTML/css/javascript/PHP/git/wordpress/MT/DB/photoshop/illustrator/fireworksなど扱えます。現在、サーバー・アプリなどを習得中です。性格は、自虐好きです。