画像(img)をマウスホバーした時に変な線が出るエラーの対処法

web制作

※本記事は作成日より一年以上が経過しています。最新の情報ではないので、ご注意ください。

読了の目安時間: 050

今回はcssでimgなどの画像をマウスホバーした時、その画像の下側に浮かび出てくる変な線(太い領域)のエラーについて対処法を記事にします。

こんなミス起きたことないよ! って人はそっと戻るボタンを押してください。

詳細

どんなエラー?

▼こちらのようにimg画像があるとします。ここにマウスホバーをすると・・・

css1_1

▼このように画像の下部分に変な線が浮かび上がります。(図では緑色になっています。)

css1_2

対処法

答えはcssで該当するimgをブロック要素にすることです。(display:block;にする。)imgはインライン要素ですので、imgにアンカー(aタグ)をつけてマウスホバー(a:hover)で背景の変化をつけようとすると上記のエラーがほぼほぼ起きてしまいます。とくにcss3では画像に対してopacityでマウスホバー時に透過性を与えたい時などに同様のエラーが起きやすいです。ブロック要素とインライン要素を見極めて快適なcssライフを送りましょう!

今読んだ記事をシェアする

画像(img)をマウスホバーした時に変な線が出るエラーの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

本ブログを気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

arrow