webDAVとは|エクスプローラー・Finderなどでオンラインストレージ操作できるもの

ビジネス

読了の目安時間: 149

webサーバー上のデータを管理する際、webDAV機能というものがあります。

webDAVとは|エクスプローラー・Finderなどでオンラインストレージ操作できるもの

webDAVとは

WebDAV(Web-based Distributed Authoring and Versioning、ウェブダブ)はHypertext Transfer Protocolを拡張したもので、Webサーバ上のファイル管理を目的とした分散ファイルシステムを実現するプロトコルである。
※wikipediaより引用

カンタンにいえば、オンラインストレージに保存したファイル・フォルダなどのデータを、ローカル環境のエクスプローラー・Finder感覚で操作できるシステムです。

webDAV対応のレンタルサーバーを使うと利用できます

レンタルサーバーの中には、webDAV対応のものがあります。

たとえば

ラクサバ
ロリポップ!
WebARENA SuiteX
ヘテムル
などがあります。

試しにヘテムルのレンタルサーバーでwebDAVをテストしてみます。

webDAVのGUIはこんな感じ

webDAVに設定すると、ヘテムルのレンタルサーバーをネットワークドライブに登録して、通常のファイルのようにエクスプローラーで操作することができます。

webdav1

ヘテムルの場合、appsとwebフォルダは初期設定で入っている物で、web階層化が公開ディレクトリとなっています。ヘテムルのwebDAVでは非公開ディレクトリ部分でwebDAV設定ができるので、セキュリティ的に望ましいカタチです。

webdav2

レンタルサーバーによってwebDAVの仕様は変わる

IPアドレス規制・アカウント設定・非公開ディレクトリ部分の使用・通信速度・保存容量など、レンタルサーバーによって異なりますので、用途によってwebDAVサーバーを使い分けることが大事です。

webDAVの注意点

一見、ローカル環境のように見えますが、実体はデータをオンラインで扱っていることになりますので、仕事利用などされる方はセキュリティ対策をキッチリしたほうが良いです。またプライベート使用にしても、ある程度のセキュリティ意識は持っておきたいところだと思います。

今読んだ記事をシェアする

webdav-thumb

webDAVとは|エクスプローラー・Finderなどでオンラインストレージ操作できるもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

本ブログを気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

arrow