windows10で環境変数のPathを設定・変更・編集する方法

エンジニア

※本記事は作成日より一年以上が経過しています。最新の情報ではないので、ご注意ください。

読了の目安時間: 117

windows10で環境変数のPathを設定することはなにも難しくないです。ただ、OSのバージョンが変わると、微妙に構成が変わり、カンタンな設定方法をする際に困ってしまいます。ど忘れした際など、ぜひ参考にしてみてください。

windows10で環境変数のPathを設定・変更・編集する方法

コントロールパネル>システムとセキュリティ>システムを開きます。

sys1

システム画面を開いたら、左側サイドメニューの「システムの詳細設定」を選択します。

sys2

詳細設定タブの画面内にある「環境変数」をクリックします。

sys3

環境変数の設定画面になりますので、Pathを選択して編集しましょう!

sys4

環境変数とは
環境変数はOSに設定される、システムの属性を記録している変数のことです。とても端的に言うと、特定のディレクトリを指定して登録しておくことです。カンタンな使い道としては、rubyやxamppやjavaなどのアプリケーションをインストールした際、それらを利用する時などに環境変数設定をしないと動作してくれません。それらのアプリケーションの場合は、きちんと設定できたかどうか、コマンドプロンプトでカンタンに試すことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。windows10のOSのパソコンを持っていて、これから環境変数を調節する機会がある人は、ぜひ参考にしてみてください!

最後に一言

それでもwindows10は好きです。

本記事を気に入って頂けたら、facebookの「いいね!」を是非!

windows10で環境変数のPathを設定・変更・編集する方法


本記事のシェアはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

follow us in feedly

本ブログ・WebMakeBlog KIYOTATSUを運営しているYoshiと申します。PVは月間10万程度です。普段はWEB制作をやっています。過去、エンジニアの頃は、MATLAB/simulink/VBA/C/C++など扱っていました。生産管理、MECE、オブジェクト指向など、当時に得た知識はweb業界に入っても、かなり役立っています。