アカウントとは? 図ありで超カンタンにわかりやすく説明!

雑記・豆知識

すっかりコンピューター、インターネット社会になった現代ですが、その中で、必ずと言って良いほど出てくる言葉が、「アカウント」です。

「お客様は弊社のアカウントをお持ちでしょうか?」
「アカウント取っておいて」
「アカウントのパスワード忘れた!」

こんな会話をしたことがある人は少なくないかと思いますが……ところで、アカウントって、そもそも何なのでしょうか?

本記事では、図説を交えて、簡単に分かりやすく説明していきたいと思います!

アカウントって何?

答えは「ユーザーが"ナニカ"にログインするために必要なもの」

アカウントの意味を示す一枚絵が、こちらです。

アカウント 意味 説明

ユーザーというのは、現実世界に存在する人間(利用者)のことを示します。(わたしであり、あなたであり、どこかのだれかです。)

アカウントというのは、ユーザーがコンピューターやインターネットのサービスに"ログインするための権利"を意味します。(ログインするために必要なもの。)

ユーザーアカウントというのは、ユーザーの分身みたいなもので、必ずIDとPASS(パスワード)の情報を保有します。

そして、コンピューターやインターネットのサービスなどは、ユーザーアカウントのIDとPASSを照合することで、ログインしてきた人物がユーザーであることを認識します。

たとえば、楽天のサービスを利用するためには、楽天というサービスにログインしなくてはいけなくて、そのためには、楽天用のアカウント(ユーザーアカウントのIDとPASS)を入力して、照合してもらい、認証してもらうことで、初めてログインができるわけです。

アカウント ログイン ID PASS 認証

このように、アカウントとは、ユーザーが"何かしらのコンピューターやサービス"にログインするために必要なもの、なのです。

IDとPASSは利用者を識別するために必要な情報

ユーザーアカウントには、ほぼほぼ必ず、IDとPASSが設定されます。なぜ、そんなものが設定されるかといえば、銀行の口座を思い浮かべるとイメージしやすいです。

銀行の口座には、それぞれ独自の口座番号が与えられており、あなただけが知っている暗証番号を入力することで、お金の出し入れができます。

webサービスのアカウントも、これと同じことです。

・銀行の口座番号=webサービスのID
・口座の暗証番号=webサービスのパスワード
・お金の出し入れ=webサービスの利用

つまり、IDとPASSというのは、利用者が"あなた"であることを証明し、また、他の人に悪用されないための措置として設定されているもの、というわけです。

この時、IDとPASSで利用者が"あなた"と認識しているということは、逆説的に、IDとPASSの情報が流出した場合、他の人に「なりすまし」として悪用される危険性がありますので、注意が必要です。(だから、IDとPASSは他の人にバレないよう、大事に保管してください、とみんなが言っているわけです。)

ユーザー1人に対して、ユーザーアカウントは複数存在できる

先ほどの図では、ユーザーアカウントは、それぞれのコンピューターやwebサービスごとに作成していましたが、じつは、コンピューターやサービスの内容によっては、ユーザーアカウントが複数になることも許されています。

たとえばtwitterでは、複数のアカウントを持つことができます。

アカウント twitter 複数 複垢

ネットのスラングになりますが、アカウント=垢と略して、メイン垢とサブ垢(裏垢)といったように呼ばれています。

メインアカウントのほうでは、プライベートや友人との交流に利用したりして、サブアカウントのほうでは、趣味全開だったり友人にはお見せできないようなツイートをしたり、といった用途で使い分けるようです。

ショッピングサイトでは、アカウントに個人情報も記録させる

楽天、Amazon、Yahoo!など、ショッピングサイト(ECサイト)を利用する場合、買い物をする+配送もあるので、本名や住所などの個人情報が必要となります。そのため、アカウントにはIDとPASSだけでなく、これらの名前や住所などの個人情報も(任意で)記録されます。

アカウント

当たり前ですが、住所などの情報を登録しないことには、商品の購入などはできません。(住所が分からないと、商品を送れませんよね。)

もし、アカウントにこういった個人情報を記録したくない人は、買い物をする度、名前や住所を入力する、といった方法もあります。(記録された場合は都度、削除。)

ただ、便宜上、登録しておいた方が面倒ないので、ほとんどの人は記録したままにしています。

会社も、ちゃんと個人情報を守らなくてはいけない決まりがあるので、ちゃんとした会社であれば、基本的には、きちんと守ってくれます。

まとめ

アカウントとは、"ユーザーがコンピューターやwebサービスなどにログインするための権利(必要なもの)"を意味します。

まあ、あまり難しく考えず、自分の分身がアカウント。これは、コンピューターやサービスを利用するために必要。そして、自分が使っていることを証明するために、IDとパスワードがあるよ、ってくらいに理解しておけば、日常生活において困ることはないです!

最後に一言

ちなみに著者はアカウント100個を超えています。IDとPASSも全部違うから管理が大変!

この記事が参考になったら「いいね!」

アカウントとは? 図ありで超カンタンにわかりやすく説明!


SNSのシェアはこちらから!

  • 1
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

運営者のYoshiと申します。今はフリーランスでWEB制作などしています。面白いネタを求めて、インターネットをよく泳いでいます。テレビのバラエティも凄く好きです。ただし、渋谷のハイタッチ騒ぎなど、人様に迷惑かける系統のネタは好みません。