Amazon プライム会員(Prime)とは? 初めての人向けにメリット・デメリットのカンタンまとめ

webサービス

Amazonでは、最近、プライム会員(Prime)に力を入れており、よく勧誘しようとする試みが散見されます。(たとえば買い物中、プライム会員へ誘導されたりするようになりました。)

ただ、このプライム会員、ちょっと調べてみると、けっこう良いサービスなんじゃないか、とも思うようになったので、自分なりに調べてみて、メリットとデメリットをカンタンにまとめてみました。これからプライム会員になろうか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

プライム会員になると、どうなるの?

入会金はいくら?

基本は月額400円です。年間契約すると、月325円に割引されます。

あとは、入会時にキャンペーン次第で、お試し価格だったり、お試し無料価格になることがあります。(本記事の執筆時点では、1週間79円のトライアル価格で登録可能でした。)

詳しくはこちら

会員特典にはどんなサービスがあるの?

主な要点は、下記の6点です。

1 配送の送料無料

一般会員だと2,000円未満だったりすると送料がかかるようになりましたが、プライム会員なら無料。ちょこちょこAmazonで買い物する人はプライム会員になっておくとオトクです。

2 お急ぎ便が無料

Amazonのスゴイサービスの一つが、このお急ぎ便。夜に注文しておけば翌日には届き、午前中に注文しておけばその日中に届いたり……急ぎで色んな品物を発注しないといけない人にとって、本当にありがたいサービスが、なんと配送同様、無料で利用可能になります。

3 テレビや映画が見放題!

これは映画好き、テレビ好きには最高のサービスです。なんと、Amazonプライム会員はAmazonの提供する動画コンテンツ「Amazon prime ビデオ」が無制限で見放題になります。最新作の映画もすぐにラインナップされますし、その昔、ツタヤで新作・準新作などを数百円で借りていたものが月額325円~400円だけの金額で見放題です。(さらにアマゾンプライムビデオ限定の動画コンテンツなどもあって、自分の好きな人の作品などあれば、絶対にチェックしておきたいところです。)

Amazon prime videoの詳細はこちら

4 色んな電子書籍が読み放題!

こちらは活字・雑誌・本好きにはたまらないサービスです。小説、ビジネスホン、マンガ、雑誌、洋書など、Amazonの提供する読書コンテンツ「Amazon reading」に登録されている電子書籍がなんでも読み放題になります。

Amazon prime readingの詳細はこちら

5 色んな音楽が聴き放題!

映像、電子書籍と続いて、さらには音楽まで聴き放題です。プライム会員の月額費用だけで、音楽は100万曲以上あり、ラジオなども聴き放題です。音楽好きにもたまらないサービスになってます。

Amazon prime musicの詳細はこちら

6 セール時の待遇がある

サイバーマンデーセールなど、Amazonの各種セールによるのですが、プライム会員だと「タイムセールは一般会員より早く買い物可能」だったり、「買い物時のポイントに+αがつく」などの、会員ならではの有利な特典があります。毎年、Amazonでたくさん買い物する人はプライム会員に加入しておいたほうが間違いなく賢明です。

ざっくり書けば、送料無料のお急ぎ無料。映画に本に音楽に見たい放題、聴きたい放題。これらがすべて月額325円~400円ぽっちで利用可能という感じです。

……。

えっと、正気なの、Amazonさん??と思いたくなるほど、プライム会員が驚愕のサービスだということがお分かりになるかと思います。

どれくらいの人が利用している?

はっきりした数は公開されていませんが、ネット上のデータから類推すると、300万人~1000万人程度ではないかと思います。(ずいぶん幅あるなと突っ込みたくなる数字ですが、公開されてないのだから仕方なしです。)

ちなみに海外でいえば、2018年、アメリカではプライム会員数が1億人を突破したそうです。(だんだんと若い世代が社会人になってくると、日本でも同様に増えてくるような気がします。)

プライム会員のメリット・デメリット

さて、では著者個人の視点で、プライム会員のメリット・デメリットについてまとめてみようと思います。

メリット

メリットは先ほど書いた通りです。

なんでも送料無料になる点が大きく、それから映像・本・音楽などのコンテンツが使い放題という点も、月額325円~400円というコストに対して、圧倒的にありがたいサービスです。

なので、

・よくAmazonで発注する人
・映像、音楽、本のいずれかを趣味にしている人

であれば、入会しておいて、まったく損はないと思います。

デメリット

デメリットはといえば、これは完全に著者個人の感覚になるのですが、以下の通りです。

・いや、そんなにAmazonで頼まないし……
・お急ぎ便とか、宅配業者の人がかわいそうじゃん
・映像、音楽、本がそんなに見放題聞き放題だと逆に疲れそう
(パソコンスマホ依存症になりそう)

要するに、ちょっとアナログ思考のある人だと、「なんだか便利になりすぎててなんだかなぁ……」って思う感じです。

あと、無職だったり、人生の方針が定まっていない時、こんな便利な会員になるとダメ人間まっしぐらになりそうですね……。(もちろんこれはプライム会員が悪いのではなくて、その使用者自身の問題ですが、しかし、これだけ便利だと抜けるのが大変そうなのは一つの事実かと思います。)

そういう意味では、デバイス端末にのめりこみやすい子どもを持つ保護者さんにとっては、ちょっと困るサービスかもしれません。(なんかしら制限機能を持たせた方が良いのかもしれない。)

まとめ

以上が、アマゾンプライム会員についてのメリット・デメリットでした。

著者個人は、便利は便利なのですが、適切な距離感を保ちながらうまく利用したいサービスだと思いました。

最後に一言

イマドキのPCスマホをずっと見続けている世代が老人になると、健康面がどうなっているのか、とても気になります・・・。

この記事をSNSでシェアする?

Amazon プライム会員(Prime)とは? 初めての人向けにメリット・デメリットのカンタンまとめ


  • 1
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

KIYOTATSU(キヨタツ)を運営しているウェブ制作者のYoshiです。紹介したいwebサービスなどございましたら、お気軽にご連絡ください。微力ながらお手伝いします。