ビックカメラ(3048)の嬉しい株主優待が到着! 2020年2月権利分を写真つきで紹介!

株/資産

2020年5月21日、ビックカメラさん(3048)から株主優待&配当通知が届きました。これは2020年2月権利のもので、写真を交えて紹介したいと思います。

ビックカメラ 株主優待

ビックカメラの株主優待内容(2020年2月権利分)

お買物券「2,000円分」

2月権利時のものは、保有年数に関係なく、100株で2,000円がもらえます。

ビックカメラ 株主優待

ちなみに、8月の権利分については、1,000円をベースに、株保有2年目で+1,000円。3年目で+2,000円となります。つまり、3年保有すると、100株で年間5,000円の金券がもらえるので、すごくオトクな優待銘柄です。

隠れ優待「クーポン2種」

じつはビックカメラさん。封筒の中には、買取サービス「ラクウル」とビックカメラの「ポイントサービスクーポン」がもらえるという隠れ優待があります。

ビックカメラ 株主優待

ビックカメラ 株主優待

使い方次第ですが、これにより、利回り率にも大きく影響します。自分は洗濯機を買い替えた時に+3%を使って、+3000ポイントくらいもらったので、かなり助かりました。

配当金「1,000円」

コロナの影響なども懸念されましたが、今回も前回同様、10円の配当金を維持してくれましたので、100株で1,000円がもらえました。

感想

今回は、コロナウイルスの影響もあり、ビックカメラの株価も大きく下がって、色々とヒヤヒヤしました。

もともと1,020円くらいで保有していたのですが、3月13日には、800円を割って、700円台にまで暴落。どうしようかなーと思ってたのですが、少しナンピンしてみて、結果としては、800円100株保有に落ち着けることができて、一安心です。

また暴落することがあっても、ナンピンをしつつ、ビックカメラの株はずっと長期保有し続けたいと思っています。

ネットショップがある安心感

緊急事態宣言もあり、小売業界にとって、ネットショップがあるかどうかは、業績にかなり影響するところです。

ビックカメラは、自社ECサイトも持ちつつ、楽天などにも出店しており、なかなかネットショップ体制が充実して整っていたので、コロナ渦中においても、少し安心して保有できました。

同封されていた説明資料を読んでも、昨年はネットだけで1,000億円の売上があり、今は目標2,000億円を目指しているそうです。

また、ステイホームの充実は、生活家電の一新にも繋がるので、なかなか追い風になりそうだとも思います。今後も株価上下はしそうですが、わりと安心して保有できそうです。

まとめ

ビックカメラの株は、価格もお手頃で、優待も使いやすく、長期で持ったら嬉しい特典もあります。

自分の場合、今は800円で保有しており、年間配当金2,000円で2.5%、年間優待が3年保有時5,000円で6.25%。合計8.75%の利回りになるので、よっぽどのことがない限り、握り続けたい銘柄です。(さらにクーポンの利回りもあって、大助かり。)

来年以降も楽しみです!

注記「長期保有株主優待は持ち続けないとダメ」

ビックカメラの長期保有のカウント方法ですが、株主番号が同一でないとダメです。つまり、100株⇒0株⇒100株といったように、売り買いをしてしまうと、0株になった時点で株主番号がリセットされて、その後、新たに発番となって、長期特典が受けられません。

一度保有したらずっと持たないといけませんので、注意が必要です。

最後に一言

ビックカメラ、楽天とすごくコラボしてるところも好きです。

この記事をSNSでシェアする?

ビックカメラ(3048)の嬉しい株主優待が到着! 2020年2月権利分を写真つきで紹介!


  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket