やりたいことをやるだけではブログの成功はないので気をつけよう

ブログ・アフィリ

ブログをスタートする人の中で、たまに、

「やりたいことをやって稼げるようになる!」

って感じの宣言をする人がいる。

でも、冷静に考えれば分かるはずのことがある。

それは、

「(自分ではそう思っていなくても)やりたいことをやってきた結果が今そこなんだよ?」

ということ。

たとえば、学校も会社も自分のやりたかったことではない、という人。

でも、事実だけを見れば、その道を進んできたのは、他の誰でもない、自分自身に違いない。

もちろん親の言うことが厳しいとか、なんかしらの家の事情とかお金の事情とか、もう色々な理由があるのだとは思う。

でも、本当に「自分のやりたいことで成功している人たち」っていうのは、そういうのもひっくるめて、どこかでナニカをハズしていて、どこまでも自分の目的に貪欲に動いている。

なにが言いたいかというと、どの分野でも、早々にハズシてきた人たちがたくさんいる、ということ。

その中で"成功"を獲得したいと思うなら、やはり武器を磨かないといけない。当然、自分のやりたいことだけやっていればOKのはずはない。

なぜなら、先にハズした人たちは「自分のやりたいことだけでは通用しない」と分かっていて、「自分に求められているものは何か」とか「相手に届けられるものは何か」とか、そういう"具体的に考える"という次のステージに進んでいて、なんならすでにその方針で成功を掴んでいたりもするからだ。

はたして、今のIT世界において、ブロガーという人種は何人いるだろう。

また根本の話をすれば、ブロガー自体、そんなに良いモノではない。ネットでのお金の成功という意味では、youtuberとか、仮想通貨とか。色んなコンテンツが次々に生まれて、人やお金がドンドン流動している。なんならブログはちょっと、もう古臭いイメージもあるんじゃないだろうか。

そんな激的に厳しい環境において、「自分のやりたいことをやって稼げるようになる!」なんて甘い考え一本で本当に通用すると思えるなら、それはあまりに世間を知らない。

ちなみに一つ書いておくと、このブログサイトは著者がwebの勉強目的でスタートしただけのブログサイトだ。

そのため、アフィリエイトや稼ぎ、顔を売るといった面での"成功"は全く得ていない。それでも続けているのはなぜか。自分のやりたいことだからだ。惰性も混じっているかもしれない。

要するに、「自分のやりたいことだけ」では、このへんが限界っていうことだ。そのこと自体を趣味のように続けることはできても、金銭的なブレイクスルーにはほぼほぼ繋がらない、ということ。

ドライな言い方をしまくっているが、本当にブログで成功を収めたいというなら、「やりたいことで稼げるようになるぜ!」なんて宣言している間に、自分を売り出す方向性を考えたり、どの分野に手をつけるか情報を調べたり、記事の一つでも書くべきである。

結論は「行動することも大事だけど、本気でチャレンジするなら、とにかくよく考えよう」ということ。動機やエネルギーとして、「やりたいこと」であることは大事だけど、それ一本じゃどうしようもない。

最後に一言

そもそもブログの成功って、なんだ??

この記事をSNSでシェアする?

やりたいことをやるだけではブログの成功はないので気をつけよう


  • 1
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

KIYOTATSU(キヨタツ)を運営しているウェブ制作者のYoshiです。趣味と勉強がてら、ブログ・アフィリエイトをしています。気づけば日々のサーバー代くらいは余裕で支払えるくらいのお小遣いになっていました。