コロナでトレカ急高騰! ポケモンカード100枚37,000円で売れました

プライベート

先日、ふと駿河屋の買取価格を見てみたら、なんとポケモンカードの価格が急上昇していました。調べたところ、どうやらコロナの巣ごもり需要により、トレーディングカード自体の価値が高騰しているそうです。

せっかくだったので、手元に残っていたカード約100枚をすべて売却したら37000円で買取してもらえました。

ポケモンカードを駿河屋で売却!

じつは昨年、自分はすでにポケモンカードをたくさん売却していました。

この時は、旧裏面のレアカード150枚を約22,000円で買取してもらいました。

しかし、これは結果論ですが、ものすごく損したタイミングでした……。

まるでバブル! コロナでカードの価値が上昇!

世間を騒がせているコロナですが、ゲームやホビーの世界は、コロナで需要を大きく受けることになりました。結果、トレーディングカードの価値も急上昇です。

たとえば、昨年に1枚1,300円で売却した旧裏面リザードンのレアカードが、コロナ禍においては1枚5,000円という破格の買取価格になっていました。昨年に5枚6,000円で売ってしまったのですが、今年に売っていれば5枚25,000円だったという…(´・ω・`)

他、昨年は数百円程度だったカードは1,000円台、数十円程度だったカードは数百円台の価格になっており、すさまじい急上昇となっていたのです。まるでバブルです。

さっそく売却

自分は現物株をやっていることもあり、「高いものは高いうちに売る」という精神がすっかり染みついているため、なんとなく記念に残していたカードをすべて売却することにしました。

駿河屋さんは、昨年にも売却していたので、今回も同じく買取先に選定させてもらいました。

駿河屋さんであれば、ネットと宅配のみで、店頭に行かず買取をしてもらえますし、また、買取検索ページでカードの買取価格をチェックして、そこで予約しておけば、その価格をもとに買取査定してもらえるので、とても安心だからです。

さらに、この時に買取増額キャンペーンをやっており、20%ほどプラスしてもらえたので、とてもありがたいタイミングでした。

売却結果は100枚37,000円ほど

昨年にたくさん売ってしまったのですが、それぞれのキラカードを一枚ずつ手元に残していたので、100枚ほどを売却に出すことができました。

結果、キャンペーン込で37,000円ほどの買取をしてもらえました。

まとめ

昨年の分と合わすと、総額は、じつに60,000円ほど。たぶんですが、当時の元本くらいは返ってきたような気がします。

惜しむらくは、昨年に売却した分を今のタイミングで売っておけば、22,000円⇒5~8万円くらいにはなったと思うので、なかなかしょんぼりでした。とはいえ、コロナ禍になっていなければ、こんな急騰はしていなかったと思うので、一枚ずつでも手元に残しておいたのは正解でした。

人気のトレカを売却する時は、一気に売るのでなく、まとまった量を少しずつ売っていった方が、ドルコスト平均法みたいに大損しないかもしれません。

ただ、コロナ禍の急騰は、まちがいなくピークに近いチャンスだと思いますので、トレーディングカードの処分を考えている人は、今が売却する絶好のチャンスだと思います。ステイホームの過ごし方として、大掃除がてら、昔のホビー用品を整理するのも良いかと思います。

最後に一言

タイミング、ほんと大事です。

この記事をSNSでシェアする?

コロナでトレカ急高騰! ポケモンカード100枚37,000円で売れました


  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket