APS-C仕様のD5300にフルサイズ対応の単焦点レンズAF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gを買った話

PC・機器

最近、廉価な単焦点レンズとして人気なAF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gを購入しました。

開封!

箱。

レンズとカバー。

綺麗なレンズです。

キズがつくと泣いちゃうなので、レンズカバーをつけておきます。

装着。これで長く愛用できます。

使わない時は付属のケースに保存しておけます。

ただ、D5300で、フルサイズ対応の単焦点レンズを使う際は、注意が必要です。

APS-C仕様の一眼カメラにフルサイズ対応の単焦点レンズを使う時の注意点!

自分の持っているカメラはAPS-C仕様のD5300です。

APS-Cの一眼カメラに、フルサイズ対応の単焦点レンズを使うとどうなるかというと、画角が変わります。

つまり、50mmではなくて75mm相当のものとなってしまうのです。(ちなみに著者は、購入後、ちょっと使ってみて、距離感がおかしいなと感じて調べてから気づいたマヌケです。)

参考リンク

▼初めて単焦点レンズを購入する人は要注意!50mmは標準レンズじゃないぞーい!
http://logcamera.com/50mm-tanshouten/

▼D5300で買ってはいけない単焦点レンズ AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
http://jmplanning.net/D5300/tansyoutenlenz.html

▼yahoo知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10139320930

ただ、問題は距離感が変わるという点なので、レンズ自体が使えないわけではありません。なので、中望遠距離にはなりますが、単焦点レンズの品質を楽しむ分には、とくに問題ありません。

実際に、APS-Cの一眼カメラで50mmの単焦点レンズを試している方もいらっしゃいました。

▼D5500に単焦点レンズAF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gの組み合わせが好き「作例多数」
https://cameraama.com/50mmf18g-d5500-images
⇒こちらの方は、D5500で撮影した写真を掲載してくれています。

▼Nikon「Nikkor 50mm f1.8G」実写とレビュー
http://www.fantastia.com/2016/03/14/nikon%E3%80%8Cnikkor-50mm-f1-8g%E3%80%8D%E5%AE%9F%E5%86%99%E3%81%A8%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC/
⇒こちらの方は、D750、D7100、D90で撮影した写真を掲載してくれています。

▼NIKON AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
https://www.rikugame.club/archives/468
⇒こちらの方は、D7100で利用されていたそうです。(試しの写真はなし。)

こちらはフルサイズの一眼を使って、きちんと撮影している方の記事です。風景写真などがとても参考になります。

▼ニコン AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gをレビュー&作例!初めて手にしたフルサイズ対応単焦点レンズ
http://kaerucamera.net/nikkor-50mm-f1-8g

APS-Cのボディだと、それ専用の単焦点レンズを購入するほうが確実です。

ただ将来的にフルサイズの一眼カメラを購入する予定があるのであれば、やはりフルサイズ対応のレンズを買っておきたいところだと思います。この場合は、距離感の計算をしてからレンズを購入するなどの工夫をすると、所望の挙動を得られるんじゃないかなと思います。

なお、著者は大してこだわりもないので、単焦点レンズの綺麗さとボカし具合が楽しめれば良かったので、距離感が狂ったなら、それはそれでいいやと思っています。そのうち、植物など、近所でなんか撮影してこようと思います。

まとめ

ASP-Cの一眼カメラでフルサイズ対応の単焦点レンズを購入する時は、距離感について気をつけてください!

最後に一言

事前調査は大事。

この記事が参考になったら「いいね!」

APS-C仕様のD5300にフルサイズ対応の単焦点レンズAF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gを買った話


SNSのシェアはこちらから!

  • 1
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

運営者のYoshiと申します。今はフリーランスでWEB制作などしています。長年windowsマン。サーバー勉強に併せて、Linuxも触り始め中。パソコン自作にならって、スマホ自作の時代になることを願っています。