ダイキョーニシカワ(4246)の嬉しい株主優待が到着! 2020年3月権利分を写真つき紹介!

株/資産

2020年6月22日、ダイキョーニシカワさん(4246)から株主優待&配当通知が届きました。これは2020年3月の権利のもので、写真を交えて紹介したいと思います。

ダイキョーニシカワ 封筒

株主優待の内容紹介(2020年3月権利分)

3年未満の優待はクオカード500円!

ダイキョーニシカワさんの優待は、クオカード500円分です。

ダイキョーニシカワ 株主優待

100株保有でもらえるので、すごくありがたい優待銘柄です。さらに、3年以上の長期保有をすると、500円⇒1,000円になるので長期保有する楽しみもあります。

配当金「1,500円」

コロナの社会情勢もあって心配でしたが、きちんと配当金をもらえました。

ダイキョーニシカワ 配当金

同封されていた資料のグラフを見ると、従来は配当性向が20%前後たったのに、今回は40%以上に押し上げての配当金だったので、ものすごく嬉しい気持ちになりました。さすがに来期はまだ予想を出していませんが、できるかぎりガチホしたいところです。

感想

株価を見れば、上場時の価格近くまで値下がりしてしまいました。営業利益も前年比△38%ほどと大きく下がりましたが、しかし、前向きに見るなら、まだ黒字の数字を保っています。

個人的には、車の需要がゼロになることはないと考えており、また、コロナ禍においては、とにかく営利/経利がプラスを保って会社が継続すれば問題ない、と考えてますので、結論としては、これから長期保有したいと思っています。(赤字にならなければ御の字、という思想。)

4月以降の数値はまだ発表されていないので、コロナの影響がどれくらいになってくるのかは、公表され次第、すばやくチェックしたいところです。

また、ダイキョーニシカワさんの株式分布状況を見ると、85%近くは国内法人・外国法人・金融機関であり、個人の割合は8.5%ほどなので、3月のコロナショックばりの大きい出来事がなければ、そんなに大きく下がらないのではないかな、と素人の楽観思考で構えています。(価格帯で考えても、下がったらナンピン or 買い増しすれば対応できるかと。)

まとめ

ダイキョーニシカワさんは、株価安めで優待にはクオカードをくれる、知っておきたい・持っておきたい優待銘柄です。

3年後にクオカード1,000円になると、利回りがそこそこ大きくなるので、長期保有をゆるやかに楽しみにしていきたいと思います。

最後に一言

長期保有、がんばりたいです!

この記事をSNSでシェアする?

ダイキョーニシカワ(4246)の嬉しい株主優待が到着! 2020年3月権利分を写真つき紹介!


  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket